【スペック】全長×全幅×全高=4278×1808×1486mm/ホイールベース=2537mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ(200ps/5100rpm、28.5kgm/1700-5000rpm)(北米仕様車)

フォルクスワーゲン・ザ・ビートル 2.0TSI(FF/6AT)【海外試乗記】

ドライバーズ・ビートル 2011.08.02 試乗記 フォルクスワーゲン・ザ・ビートル 2.0TSI(FF/6AT)

2011年7月に欧州で発売されたフォルクスワーゲン「ザ・ビートル」。先代より、スポーティになり、かつ室内は広く。さらにスタイリッシュになった新型について、ベルリンでの試乗会からリポート。

ゴルフVIをベースに開発された新型

「ザ・ビートル」と名付けられた新型は、「原点回帰」がうたわれている。1997年に登場したニュービートルを進化・改良するのでなく、1938年に発表され、戦後豊かさに向かう1950年代の(西)ドイツを中心に多くのひとに愛されたオリジナルのよさを、現代的に再解釈したのだという。

ベースになっているのは現在のゴルフ(6世代目)で、プラットフォームを共用。同時に、デザイン志向が強かったニュービートルにつきまとった室内の狭さなどは、乗員の着座位置の見直しなどで、大きく改善されている。

パワープラントは1.2リッターターボをはじめ、1.4リッターツインチャージャー、2リッターターボ、それに北米と中米向けの2.5リッターのガソリン仕様に加え、欧州では1.6リッターと2リッターのディーゼルターボが用意される。トランスミッションはエンジンに応じて6段湿式あるいは7段乾式DSGが用意される。

現在のフォルクスワーゲンで“丸い目”をもつのは「ビートル」だけ。新型も、ひとめでそれと分かるディテールを受け継ぐ。
現在のフォルクスワーゲンで“丸い目”をもつのは「ビートル」だけ。新型も、ひとめでそれと分かるディテールを受け継ぐ。
 
フォルクスワーゲン・ザ・ビートル 2.0TSI(FF/6AT)【海外試乗記】の画像
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デューン(FF/7AT)【試乗記】 2016.6.14 試乗記 500台の限定車として日本に導入された、「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のクロスオーバーモデル「ザ・ビートル デューン」。試乗してみると、ユニークでファニーなルックスからは意外なほどのスポーティーさやまじめな作りが見えてきた。
  • 「ザ・ビートル」に100台限定の豪華仕様 2014.11.11 自動車ニュース 日本に導入されていない「ザ・ビートル」の上級グレードが、100台限定で上陸。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル ターボ(FF/6AT)【試乗記】 2013.12.8 試乗記 フォルクスワーゲンの「ザ・ビートル」に、先代「ゴルフGTI」の心臓部を積んだ「ザ・ビートル ターボ」が登場。動力性能は文句なし。天下のフォルクスワーゲンが本気で作ったファンカーに似合うオーナー像とは?
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • 「キャデラックATS」にシルバーの特別仕様車が登場 2017.5.18 自動車ニュース 「キャデラックATSセダン」に特別仕様車「シルバームーンライトエディション」が登場。専用ボディーカラーの「シルバームーンライトメタリック」が特徴で、電動スライディングルーフやブラッシュドアルミナムトリムなどが特別装備される。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
ホームへ戻る