レクサスの国内累計販売50万台を記念した、特別な「LC」発売

2018.04.05 自動車ニュース
「レクサスLC500h“ストラクチュラルブルー”」
「レクサスLC500h“ストラクチュラルブルー”」拡大

トヨタ自動車は2018年4月5日、レクサスブランドのフラッグシップクーペ「LC」に特別仕様車“Structural Blue(ストラクチュラルブルー)”を設定し、販売を開始した。

 
レクサスの国内累計販売50万台を記念した、特別な「LC」発売の画像拡大
 
レクサスの国内累計販売50万台を記念した、特別な「LC」発売の画像拡大
 
レクサスの国内累計販売50万台を記念した、特別な「LC」発売の画像拡大
 
レクサスの国内累計販売50万台を記念した、特別な「LC」発売の画像拡大
 
レクサスの国内累計販売50万台を記念した、特別な「LC」発売の画像拡大

今回のレクサスLC“ストラクチュラルブルー”は、日本国内におけるレクサス車の累計販売台数が、2018年3月末の時点で50万台に達したことを記念したもの。ガソリンエンジン車の「LC500」とハイブリッド車の「LC500h」にそれぞれ設定され、特別な内外装を特徴としている。

ボディーカラーに採用した新規開発色の「ストラクチュラルブルー」は、南米に生息するモルフォチョウ(蝶)の羽に着想を得た「構造発色」という原理を応用したもの。モルフォチョウの羽は無色であるが、光を受けると特定の波長のみを反射・強調する仕組みとなっており、人間の目には青く輝いて見える。レクサスは15年の開発期間を経て、この原理を応用した自動車用の構造発色性顔料を生み出したという。

内装色には、「日の出や日の入りのわずかな時間に現れる幻想的な空の風景」をモチーフに、外装色との調和が考慮された、専用色の「ブルーモーメント」と「ブリージーブルー」の2色を設定した。

このほかの特別装備の内容は以下の通り。

  • フロント245/40RF21+リア275/35RF21ランフラットタイヤ&鍛造アルミホイール(ポリッシュ仕上げ+ブラック塗装)
  • 特別仕様車スカッフプレート(CFRP)
  • “マークレビンソン”リファレンスサラウンドサウンドシステム
  • カラーヘッドアップディスプレイ
  • ステアリングヒーター
  • 寒冷地仕様

価格は「LC500“ストラクチュラルブルー”」が1475万円で、「LC500h“ストラクチュラルブルー”」が1525万円。

(webCG)

関連キーワード:
LCレクサス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
ホームへ戻る