ルノーと日産がひとつの企業に!?
世界を揺るがす合併の可能性を考える

2018.04.09 デイリーコラム

目的はさらなる効率化の追求か

2018年3月末、通信社や新聞各紙が「ルノーと日産が合併交渉」と報じた。記事の内容はいずれも「関係者の話によれば」というもので、ルノーと日産自動車の両社から正式なコメントが発表されたわけではない。現時点ではまだ臆測の域を出ないが、なぜいま合併という話が出ているのか、一連の流れを少し整理してみたいと思う。

ふりかえればルノーと日産自動車の資本提携が始まったのは1999年のこと。当時、経営破綻の危機にひんしていた日産自動車に、同社への出資を決めたルノーから最高執行責任者(COO)としてカルロス・ゴーン氏が送り込まれた。即座に再建計画「日産リバイバルプラン」を発表、短期間で日産を立て直した経営手腕は世界中で高く評価された。

2016年には、日産自動車が三菱自動車の筆頭株主となり、「ルノー・日産自動車・三菱自動車」の3社によるアライアンス関係となった。そのかいあって、2017年のグローバルでの販売台数は、3社連合で約1060万台と、トヨタを抜いてフォルクスワーゲングループに次ぐ2位となった。

このタイミングで合併を狙う目的は、企業としての生き残りをかけ、単一企業として競合に匹敵するまでに事業規模を拡大すること。そして、電動化、自動運転といった喫緊の課題に対して両社のもつリソースを共有化し、またコスト削減を図ることにあるという。

現在のルノーと日産の商品ラインナップを見てみると、両社の個性を重んじた商品構成となっている。海外で販売される商用車など一部を除いて、バッジエンジニアリングのモデルもほとんどない。逆の見方をすれば非効率であるともとれる。年々、部品レベルでの共有化は増えているというが、もし合併すればコストのかかるパワートレインやプラットホームなどの面でも、より一層の効率化を図れるようになるだろう。

ルノーと日産、三菱の3社によるアライアンスのロゴ。
ルノーと日産、三菱の3社によるアライアンスのロゴ。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事