第549回:“機能美”は色あせない!?
「チープ・カシオ」と「空冷フォルクスワーゲン」の意外な関係

2018.04.13 マッキナ あらモーダ!

緊急事態を救ってくれたカシオ

カシオ製スタンダードウオッチを愛用している人を、近年イタリアや周辺各国でよく見かける。大半は、日本で“チプカシ”(チープ・カシオ)の愛称で親しまれているデジタル式である。

ここ1年ほどは、フィレンツェの紳士モード見本市「ピッティ・イマージネ・ウオモ」に現れるようなファッションピープルの中にも、装着している人が時折いる。

歴史をさかのぼれば、カシオが時計ケースやバンド素材にプラスチックを採用し、今日のスタンダードウオッチの土台を作ったのは1978年のことである。

ボクが中学生になったのは、その直後だった。当時腕時計は「中学になったら買ってもらえるもの」。校則で装着が禁止されなくなるのも中学からだった。

だからといって、ボクがカシオの時計を買ってもらったわけではない。実際の買い主である戦前生まれの両親は「時計といえばセイコー」という既成概念があったからだ。

ちなみに、両親がカシオブランドを軽んじていたわけではない。わが家にはその数年前に清水の舞台から飛び降りるつもりで買った、蛍光管表示のカシオ製電卓があった。使用後は毎回クッション入り専用化粧箱に入れ、定位置にしまっていた。カシオといえば計算機だったのである。

ということで、ボクにとって最初の腕時計はセイコー製となったが、中学3年の修学旅行の、まさに前日だった。それが壊れてしまった。急きょ市内のスーパーに駆け込んだところ、唯一陳列してあったのは、カシオ製デジタルだった。ケースやベゼルは今日のスタンダードウオッチよりやや立派で、「1カ月めくり」表示が可能な完全自動カレンダー付きだったと記憶している。

フィレンツェのセレクトショップにディスプレイされていたカシオ製スタンダードウオッチ。なお以下の写真には、一部並行輸入品も含まれる。
フィレンツェのセレクトショップにディスプレイされていたカシオ製スタンダードウオッチ。なお以下の写真には、一部並行輸入品も含まれる。拡大
参考までに、カシオ時計事業の売り上げにおける欧州市場の比率は15%という。
参考までに、カシオ時計事業の売り上げにおける欧州市場の比率は15%という。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事