ボルボ、「V50/S40」のラインナップを一新

2011.08.01 自動車ニュース

ボルボ、「V50/S40」のラインナップを一新

ボルボ・カーズ・ジャパンは、ワゴン「V50」とセダン「S40」のそれぞれに、新グレード「Tack(タック)」と「Classic(クラシック)」を導入、2011年7月29日に発売した。

新グレード「V50 2.0 Tack」「S40 2.0 Tack」は、これまでのエントリーグレード「V50 2.0e POWERSHIFT」「S40 2.0e POWERSHIFT」に代わるもの。それぞれ価格はさらに20万円安くなり、「V50 2.0 Tack」が279万円、「S40 2.0 Tack」が269万円で提供される。

これに合わせて今回、上位グレードの「V50 2.0e Aktiv PLUS」「V50 2.5T SE」「S40 2.0e Aktiv PLUS」も、それぞれ「V50 2.0 Classic」「V50 2.5T Classic」「S40 2.0 Classic」に入れ替えられる。
例えば、「V50 2.0 Classic」は従来モデルに比べ、助手席の8ウェイパワーシートやサンルーフ、シルバー・ルーフレールといった装備を加えながら据え置き価格とされるなど、お得な仕様・装備になっているという。

・「V50 2.0 Classic」:339万円
・「V50 2.5T Classic」:399万円
・「S40 2.0 Classic」:329万円

(webCG 関)

「ボルボV50 2.0 Tack」
「ボルボV50 2.0 Tack」

関連キーワード:
S40V50ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • 「日産リーフ」がフルモデルチェンジ 航続距離は400kmに 2017.9.6 自動車ニュース 日産自動車は2017年9月6日、電気自動車の「リーフ」をフルモデルチェンジした。同年10月2日に発売する。2代目となる新型は、航続距離を大幅に伸ばすとともに、日産のインテリジェントドライビング技術によって、より楽しく快適な運転を実現したのが特徴である。
  • 新型「アルファ・ロメオ・ジュリア」が日本上陸 2017.9.6 自動車ニュース FCAジャパンは2017年9月6日、高性能スポーツサルーン「アルファ・ロメオ・ジュリア」を発表した。同年10月14日に、全4モデルのラインナップで販売を開始する。価格は446万円から1132万円まで。
  • 「ホンダN-BOX」がフルモデルチェンジ 2017.8.31 自動車ニュース ホンダの軽トールワゴン「N-BOX」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、新開発のプラットフォームを採用するなど、車両のすべてを従来モデルから一新。助手席ロングスライド機構をはじめ、さまざまな新機軸が取り入れられている。
ホームへ戻る