ボルボ、「V50/S40」のラインナップを一新

2011.08.01 自動車ニュース

ボルボ、「V50/S40」のラインナップを一新

ボルボ・カーズ・ジャパンは、ワゴン「V50」とセダン「S40」のそれぞれに、新グレード「Tack(タック)」と「Classic(クラシック)」を導入、2011年7月29日に発売した。

新グレード「V50 2.0 Tack」「S40 2.0 Tack」は、これまでのエントリーグレード「V50 2.0e POWERSHIFT」「S40 2.0e POWERSHIFT」に代わるもの。それぞれ価格はさらに20万円安くなり、「V50 2.0 Tack」が279万円、「S40 2.0 Tack」が269万円で提供される。

これに合わせて今回、上位グレードの「V50 2.0e Aktiv PLUS」「V50 2.5T SE」「S40 2.0e Aktiv PLUS」も、それぞれ「V50 2.0 Classic」「V50 2.5T Classic」「S40 2.0 Classic」に入れ替えられる。
例えば、「V50 2.0 Classic」は従来モデルに比べ、助手席の8ウェイパワーシートやサンルーフ、シルバー・ルーフレールといった装備を加えながら据え置き価格とされるなど、お得な仕様・装備になっているという。

・「V50 2.0 Classic」:339万円
・「V50 2.5T Classic」:399万円
・「S40 2.0 Classic」:329万円

(webCG 関)

「ボルボV50 2.0 Tack」
「ボルボV50 2.0 Tack」

関連キーワード:
S40V50ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT6 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2018.2.5 試乗記 ボルボが主催した雪上試乗会に参加。「V90クロスカントリー」を駆り、信州は志賀高原でその雪上性能をチェックするとともに、先進装備をフル活用した“極楽浄土”もかくやの快適クルージングを堪能した。
  • 第11回:長距離ドライブで実力を試す 2018.2.6 徹底検証! ボルボXC60 第2世代となった「ボルボXC60」で、往復1000kmを超えるロングドライブへ。市街地から高速道路、ワインディングロードまで、さまざまな道を走らせてみると、ボルボが総力をあげて開発した新型の価値が見えてきた。
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
  • ボルボXC60 T5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.12.4 試乗記 デザインはもちろん、走りにおいてもライバルとは趣を異にする新型「ボルボXC60」。シャシーのチューニングから運転席まわりのインターフェイスに至るまで、すべてが丁寧に作りこまれたこのクルマの特徴をひとことで言い表すと……。
ホームへ戻る