ボルボ、「V50/S40」のラインナップを一新

2011.08.01 自動車ニュース

ボルボ、「V50/S40」のラインナップを一新

ボルボ・カーズ・ジャパンは、ワゴン「V50」とセダン「S40」のそれぞれに、新グレード「Tack(タック)」と「Classic(クラシック)」を導入、2011年7月29日に発売した。

新グレード「V50 2.0 Tack」「S40 2.0 Tack」は、これまでのエントリーグレード「V50 2.0e POWERSHIFT」「S40 2.0e POWERSHIFT」に代わるもの。それぞれ価格はさらに20万円安くなり、「V50 2.0 Tack」が279万円、「S40 2.0 Tack」が269万円で提供される。

これに合わせて今回、上位グレードの「V50 2.0e Aktiv PLUS」「V50 2.5T SE」「S40 2.0e Aktiv PLUS」も、それぞれ「V50 2.0 Classic」「V50 2.5T Classic」「S40 2.0 Classic」に入れ替えられる。
例えば、「V50 2.0 Classic」は従来モデルに比べ、助手席の8ウェイパワーシートやサンルーフ、シルバー・ルーフレールといった装備を加えながら据え置き価格とされるなど、お得な仕様・装備になっているという。

・「V50 2.0 Classic」:339万円
・「V50 2.5T Classic」:399万円
・「S40 2.0 Classic」:329万円

(webCG 関)

「ボルボV50 2.0 Tack」
「ボルボV50 2.0 Tack」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売NEW 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • 【上海ショー2017】ホンダが「CR-Vハイブリッド」を世界初公開 2017.4.19 自動車ニュース ホンダが上海ショーで新型「CR-Vハイブリッド」を発表。パワープラントには2モーターハイブリッドシステムの「スポーツハイブリッドi-MMD」を採用。運転支援システム「ホンダセンシング」をはじめとした、充実した装備も特徴として挙げられている。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
ホームへ戻る