一時代を築いたビッグネームが帰ってくる!
「トヨタRAV4」の“来し方行く末”

2018.04.18 デイリーコラム

グローバルでは今もベストセラーモデル

2018年のニューヨーク国際オートショーでワールドプレミアされた、5代目となる新型「トヨタRAV4」。日本では3代目を最後に販売されていないが、グローバルでは今もなお大人気車種であり、累計生産台数は812万台(2017年末時点)を数える。特に2017年のセールスは優秀で、世界で80万台以上を販売。そのうち約41万台が米国というから、今やかの地では、セダンの「カムリ」と並ぶ、トヨタの看板車種へと出世したといえるだろう。

新型の発売時期については、米国では2018年末、日本では来春と発表された。続々と新型車が投入される輸入車SUVに勢いがあるようだが、三菱がオールニューとなる「エクリプス クロス」を3月に発売したほか、夏にはこちらもなじみ深い「ホンダCR-V」が復活。さらに「スバル・フォレスター」も新型登場となるだけに、国産SUVの動きにも期待が高まる。

現在も好調なセールスを誇る、現行型(4代目)「トヨタRAV4」。残念ながら日本市場では販売されていない。
現在も好調なセールスを誇る、現行型(4代目)「トヨタRAV4」。残念ながら日本市場では販売されていない。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 一時代を築いたビッグネームが帰ってくる!
    「トヨタRAV4」の“来し方行く末”
    2018.4.18 デイリーコラム 2018年のニューヨークショーで初披露された5代目「トヨタRAV4」。クロスオーバーSUVブームを起こした初代から、ついに日本未発売となった現行型までの、栄枯盛衰の歴史を探るとともに、新型の持つ魅力について考えた。
  • ホンダCR-V 2018.8.11 画像・写真 本田技研工業は2018年8月10日、同年8月30日に国内デビューを予定している5代目「ホンダCR-V」の姿を報道関係者に公開した。新型には、1.5リッター直4ターボエンジン搭載車と、CR-V初となるハイブリッド車がランナップされる。
  • メルセデス・ベンツAクラス セダン 2018.8.10 画像・写真 独ダイムラーが「メルセデス・ベンツAクラス セダン」を発表。中国専用モデル「AクラスLセダン」の標準ホイールベース仕様にあたり、2018年末より世界各国に順次投入される予定となっている。メルセデス・ベンツの新しい世界戦略車を、写真で紹介する。
  • トヨタ、「カムリ」に新グレード「WS」を設定 2018.8.1 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年8月1日、ハイブリッドセダン「カムリ」を一部改良するとともに、新グレード「WS」を設定し、販売を開始した。Worldwide&sportyのイニシャルを取ったWSについては、「エッジの利いたスポーティーなデザインとカムリ本来の上質感を両立させた」とうたわれている。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)/ジムニーシエラJC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.8.3 試乗記 誕生から48年を迎えた小さなクロカンモデル「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。20年ぶりのモデルチェンジで登場した4代目では、何が変わり、何が受け継がれたのか。ジムニーの“ホーム”であるオフロードと、オンロードの両方で試乗し、その実力を確かめた。
ホームへ戻る