【スペック】S60 T6 AWD R-DESIGN(写真中央):全長×全幅×全高=4630×1845×1480mm/ホイールベース=2775mm/車重=1770kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC24バルブターボ(304ps/5600rpm、44.9kgm/2100-4200rpm)/価格=579万円(テスト車=同じ)

ボルボS60/V60/XC60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/6AT)【試乗記】

ボルボのスポーツ魂 2011.08.01 試乗記 ボルボS60/V60/XC60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/6AT)
……579万円/599万円/669万円

ボルボの最新「60シリーズ」のスポーティグレード「R-DESIGN」に乗り比べ。あらためて気づいた、各モデルの特徴とは?

「R-DESIGN」を選ぶなら

「R-DESIGN」のRとはリファインメントの意。ボルボが各モデルの最上級に設定しているスポーティグレード「R-DESIGN」は、ただ足まわりを固めてスポーツ性能を洗練させただけでなく、スタイリングの洗練も重要なテーマになっている。今回は「S60」「V60」「XC60」という、ボルボで最も躍動感のある「60シリーズ」のR-DESIGNに一気に乗り、そこに貫かれたスポーツ魂を浮き彫りにしてみたい。

まずは、60シリーズの中心的存在であるS60から試してみる。迫力が増した前後バンパー、光沢のあるブラックグリル、繊細な5本スポークデザインの18インチホイール(「T6 AWD」の標準は17インチ)などが外観上の識別点。サスペンションはスプリングが先代型と比べて15%固められているほか、前後のブッシュが強化され、リアダンパーがモノチューブタイプに変更され、さらにストラットタワーバーが追加されている。

いきなり結論めいた話になってしまうが、R-DESIGNならではの運動性能を味わいたければ、S60がベストの選択だ。締め上げられた足まわりが示すシャープな回頭性とロールモーメントの小ささ、さらにはテールに大きなラゲッジルームを背負わないセダンならではの“お尻の軽さ”のおかげで、おそらく現行ボルボで最も痛快なフットワークを示す。今回はV60のR-DESIGNと乗り比べることができる環境だったのでわかったのだが、セダンとワゴンの運動性能の違いというのは、決して「大差なし」ではない。結構違うものなのだ。

アルミニウムベゼルのブルーメーターは、「R-DESIGN」の証し。
アルミニウムベゼルのブルーメーターは、「R-DESIGN」の証し。
「S60」「V60」の「R-DESIGN」専用5本スポークホイール。
「S60」「V60」の「R-DESIGN」専用5本スポークホイール。
「S60」「V60」のスポーツシートは、レザーとファブリックの組み合わせ。写真は、オフブラックレザーとセラミックライトのコンビネーション。オフブラックシートも選べる。
「S60」「V60」のスポーツシートは、レザーとファブリックの組み合わせ。写真は、オフブラックレザーとセラミックライトのコンビネーション。オフブラックシートも選べる。
ボルボS60/V60/XC60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る