クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】508グリフ:全長×全幅×全高=4790×1855×1455mm/ホイールベース=2815mm/車重=1520kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4 DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=414万円(テスト車=同じ)

プジョー508グリフ(FF/6AT)/508SWアリュール(FF/6AT)【試乗記】

落ち着いたライオン 2011.07.31 試乗記 プジョー508グリフ(FF/6AT)/508SWアリュール(FF/6AT)
……414万円/409万円

「プジョー508/508SW」に、徳大寺有恒が試乗。歴代プジョーを乗り継いだ巨匠は、新たなフラッグシップをどう評価する?
 
プジョー508グリフ(FF/6AT)/508SWアリュール(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大
「プジョー403」。このオープンバージョンは、1960〜70年代に放送されたピーター・フォーク主演のサスペンスドラマ『刑事コロンボ』に登場することでも知られる。
「プジョー403」。このオープンバージョンは、1960〜70年代に放送されたピーター・フォーク主演のサスペンスドラマ『刑事コロンボ』に登場することでも知られる。 拡大

重責のニューモデル

松本英雄(以下「松」):今日の試乗車は日本に導入されたばかりの「プジョー508/508SW」です。
徳大寺有恒(以下「徳」):「407/407SW」の後継モデルだな。

松:ええ。同時にフラッグシップである「607」の市場をも受け継ぐそうです。
徳:「607」は数年前から日本には輸入されていなかったが、本国でも後継モデルが出る予定はないのかい?
松:当面はないそうですよ。
徳:じゃあ、「508/508SW」に課せられた役割は大きいな。

松:そうなんですよ。ところで、巨匠とプジョーの関係というと? たしか「106」に乗ってらしたことがあると思うんですが。
徳:プジョーは昔から好きでさ、けっこう乗ってるんだよ。最初は中古の「403」だったな。
松:「403」って、『刑事コロンボ』の愛車ですよね。
徳:そう。コロンボはカブリオレだけど、俺が乗ってたのはベルリーヌ(セダン)。

松:あれって1950年代生まれのクルマでしょう? いつごろ乗ってたんですか?
徳:70年代だったと思う。初めてパリに行ったのは60年代後半だが、それから70年代にかけては、まだ向こうでは「403」がたくさん走っていたんだよ。それを見て、「ああいいな」と思って。昔のプジョーらしく堅実で、これといって特徴のないクルマなんだが。
松:“パリの薫り”がすると。シトロエンやルノーとはまた違う、独特の雰囲気がありますものね。しかし買った当時としても、すでに古いクルマだったでしょう?

「プジョー504」
「プジョー504」 拡大
WRC(世界ラリー選手権)のホモロゲーションモデル、「205ターボ16」。
WRC(世界ラリー選手権)のホモロゲーションモデル、「205ターボ16」。 拡大
“笑い顔”の「407」から一転、控えめなグリルですまし顔となった「508」。日本では、セダンとワゴンそろって2011年7月11日に発売された。
“笑い顔”の「407」から一転、控えめなグリルですまし顔となった「508」。日本では、セダンとワゴンそろって2011年7月11日に発売された。 拡大

徳:うん。作ってたのは60年代初頭までだから。次に後継モデルの「404」のベルリーヌを、やはり中古で買ったんだ。
松:また渋いところを。タフなプジョーの定評を築いたモデルですね。
徳:タフといえば、そのまた後継の「504」にも乗ったよ。ディーゼルエンジンの「504D」だったから、やかましくて遅いのには参ったけど、恐ろしく頑丈だった。
松:すごいですね。「508」の先祖にあたる中級モデルの「403」「404」「504」を乗り継いでいたなんて。
徳:その後少し間があって、初めて新車で買ったプジョーが「205GTI」。松:チャーミングなスタイルと小気味いい走りで、日本におけるプジョーの知名度を一気に高めたモデルですね。

徳:次がさっきキミが言ってた「106」で、今のところそれが最後のプジョーかな。そうそう、「205ターボ16」も買ったんだよ。2000kmぐらい乗って手放したけどさ。
松:え〜っ!? 「205ターボ16」って、200台限定のグループBのホモロゲーションモデルじゃないですか。見た目は「205」だけど、中身はミドシップ4WDの。
徳:そう。当時、並行で何台か入ったうちの1台を知り合いのクルマ屋が持ってきたので、話のタネに買ってみたんだ。
松:巨匠がそれほどのプジョー遍歴をお持ちだったとは……恐れ入りました。

注目の記事PR
  • 驚きの走破性は、この技術に支えられていた! 「ランドクルーザープラド」の素顔に迫る。
    驚きの走破性は、この技術に支えられていた! 「ランドクルーザープラド」の素顔に迫る。 トヨタ・ランドクルーザープラド
注目の記事一覧へ
【スペック】508SWアリュール:全長×全幅×全高=4815×1855×1505mm/ホイールベース=2815mm/車重=1560kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4 DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=394万円(テスト車=409万円/キセノン ディレクショナルヘッドライト&インテリジェントハイビーム=15万円)
【スペック】508SWアリュール:全長×全幅×全高=4815×1855×1505mm/ホイールベース=2815mm/車重=1560kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4 DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=394万円(テスト車=409万円/キセノン ディレクショナルヘッドライト&インテリジェントハイビーム=15万円) 拡大
エッジの利いたリアコンビランプは、セダンだけに見られる個性的なディテールだ。
エッジの利いたリアコンビランプは、セダンだけに見られる個性的なディテールだ。 拡大

DNAは受け継ぎながら……

松:じつは過去に6台も乗り継いだことのある、かなりのプジョー好きである巨匠にとって、その魅力とはなんでしょう?
徳:コンベンショナルで、凝ってないところかな。とくに昔のモデルはそうで、どこでもサービスすることができた。
松:だからアフリカで強かったんですね。往年の植民地政策の名残もあるでしょうけど。
徳:そうした堅実な実用車でありながら、ピニンファリーナによるエレガントなスタイリングを持っていた。かつては多くのモデルに、しゃれたクーペとカブリオレをラインナップしていたところもよかったな。

松:なるほど。新しい508にも、巨匠が好きだったそうしたプジョーのDNAは受け継がれていますかね。第一印象はいかがですか?
徳:先代の407に比べると、おとなしくなったというか、オーソドックスな路線に戻った感じだな。
松:そうですね。407はスポーツカーのような顔つきでしたから。

徳:ボディサイズは407より大きくなったんだな。607のマーケットまでカバーしなければ、ってこともあるんだろうが。
松:ホイールベースはプラットフォームを共有する「シトロエンC5」と同じ2815mmで407より90mm伸び、全長はセダンで4790mmと、105mm伸びてます。
徳:兄弟車ともいえるC5や「フォルクスワーゲン・パサート」あたりとほぼ同じ大きさか。
松:ええ。ボディは大きくなったものの、軽量化に努めた結果、車重は407の2.2リッター直4搭載モデルと比べて40〜70kgほど軽くなっているそうですよ。

 
プジョー508グリフ(FF/6AT)/508SWアリュール(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大
フロントに積まれる1.6リッター直4ターボユニット。ほかのプジョー車にも広く使われている。
フロントに積まれる1.6リッター直4ターボユニット。ほかのプジョー車にも広く使われている。 拡大

徳:ほう。エンジンはすでにおなじみの、BMWとPSAグループの共同開発による1.6リッター直4の直噴ターボだよな。
松:そうです。508の登場によって、プジョー/シトロエンの日本向けモデルのエンジンは2種類に絞られました。全ラインナップが、1.6リッターのNAかターボのいずれかを搭載するわけです。

徳:日本市場のサイズを考えたら、合理的な判断だろう。
松:508についていえば、本国でもガソリン版は1.6NAと同ターボの2種しかないんですよ。主力となるディーゼルターボは1.6、2.0、2.2の3サイズ4チューンが用意されていますが。
徳:ということは、すべて4気筒か。ちょっぴり寂しい気もするが、ダウンサイジングがいよいよ本格化しているんだな。
松:ギアボックスはアイシン製の6AT。407から採用されていましたが、第2世代に進化したそうで、パドルシフトもついてます。ということで、そろそろ乗ってみましょうか。

「508SW」(ワゴン)の荷室。565リッターの容量は「407SW」比で112リッターのアップ。シートを倒せば、1598リッターにまで拡大できる。なお、セダンの後席も可倒式である。
(写真をクリックすると、シートの倒れるさまが見られます)
プジョー508グリフ(FF/6AT)/508SWアリュール(FF/6AT)【短評】
上級グレード「グリフ」のシートは革張り(写真)。ファブリックの「アリュール」ともども、室内の色使いはブラックのみ。
上級グレード「グリフ」のシートは革張り(写真)。ファブリックの「アリュール」ともども、室内の色使いはブラックのみ。 拡大
同じく「グリフ」のインテリア。シフトパドルは、全車に標準で備わる。
同じく「グリフ」のインテリア。シフトパドルは、全車に標準で備わる。 拡大
フロントサスペンションは、「407」のダブルウィッシュボーンからマクファーソン・ストラットに変更。リアは変わらず、マルチリンク式が採用される。
フロントサスペンションは、「407」のダブルウィッシュボーンからマクファーソン・ストラットに変更。リアは変わらず、マルチリンク式が採用される。 拡大

走りも価格もグッとくる

松:508、508SWともに「Allure(アリュール)」という標準グレードと「Griffe(グリフ)」という上級グレードが用意されています。両グレードの違いはシート表皮の素材、ホイール/タイヤのサイズ、ヘッドアップディスプレイの有無、ヘッドライトの方式などで、試乗車は508のグリフです。
徳:例によって高級版はレザーシートか。それはともかくとして、内装が黒っていうのはどうも色気に乏しいな。俺の好みでは、やっぱりベージュやタンなどの明るい色のほうがいいよ。

松:そうですね。室内がより広く、開放的に感じられますし。でも両グレードとも内装色は黒しかないんですよ。
徳:そうか。残念だが、これまた日本市場の規模からすると仕方ないんだろうな。

松:車重は約1.5トン、今日はスタッフを含めて4人乗車なんですが、(八ケ岳付近の)こうした登りのワインディングでも力不足はまったく感じませんね。
徳:ああ。これより車重が重いシトロエンC5でも不満はなかったんだから、当然といえば当然なんだが、この1.6リッターターボはよくできてるよ。

松:ええ。先日乗った「フォルクスワーゲン・パサート」の1.4リッターターボのほうが、設計が新しいぶん静粛性では優っているように感じましたが、力強さではこちらのほうが上ですね。
徳:大昔のカローラのキャッチフレーズみたいだけど、プラス200ccの余裕ってとこか。個人的には6気筒の滑らかさに未練はあるが、実用上は直4ターボでもまったく不満はないな。

松:長年にわたって改良されてきたトルコン式のATもいいですね。CVTやデュアルクラッチトランスミッションより、慣れ親しんでいるせいもあって感覚的には好きだなあ。
徳:そうだな。乗り心地はやや固めじゃないか? 道路の継ぎ目などの突き上げがちょっと気になるのだが。
松:おそらく17インチのホイール/タイヤを履いているからでしょう。さっき16インチのアリュールに乗ったところ、もっとしなやかでしたから。

 
プジョー508グリフ(FF/6AT)/508SWアリュール(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大
巨大サンルーフ「パノラミックガラスルーフ」は、「508SW」自慢の装備。グレードを問わず、標準で与えられる。
巨大サンルーフ「パノラミックガラスルーフ」は、「508SW」自慢の装備。グレードを問わず、標準で与えられる。 拡大
 
プジョー508グリフ(FF/6AT)/508SWアリュール(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大

徳:なるほど。ということは、自分で買うんだったらアリュールでいいな。レザーよりファブリックシートのほうがいいし、ナビもいらないから。
松:ところがアリュールでもナビは標準装備なんですよ。
徳:そうか。で、いくらなんだい?
松:508のアリュールが374万円、グリフが414万円です。508SWだと394万円と437万円。

徳:508SWの広大なガラスルーフは、やっぱり高いほうだけに付いてくるのかな?
松:いいえ、「パノラミックガラスルーフ」はアリュールにも標準です。
徳:それで400万円を切るのはお買い得な気がするな。ちょっと魅力的じゃないか。
松:では巨匠、106以来久々となる、7台目のプジョーとしていかがでしょう?
徳:う〜ん、現実的な話となると、今の俺にはもっと小さいクルマのほうがいいんだよなあ。

(語り=徳大寺有恒&松本英雄/まとめ=沼田亨/写真=峰昌宏)

関連キーワード:
508508SWプジョー試乗記

あなたにおすすめの記事