「C63 AMG」がリニューアル クーペも登場

2011.07.29 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツC63 AMG」がリニューアル クーペも登場

メルセデス・ベンツ日本は2011年7月29日、「Cクラス」のハイパフォーマンスモデル「C63 AMG」を大幅に改良。クーペモデルも新たにラインナップし、予約注文の受付を開始した。

「メルセデス・ベンツCクラス」は、今年5月に大規模なマイナーチェンジを受けて日本で発売されている。そして今回、「C63 AMG」についても同様に、内外装デザインなど大幅な変更が行われた。また、「C63 AMGセダン」「C63 AMGステーションワゴン」に加え、「C63 AMGクーペ」がラインナップに加わったのもニュース。同車は「Cクラス クーペ」としての日本上陸第1弾となる。

「C63 AMGクーペ」は、長いボンネットと大きく傾斜したフロントウィンドウ、細いCピラーなどが特徴のクーペモデルに、AMGモデルならではのエクステリアパーツが付与され、よりダイナミックなデザインとなっている。インテリアは、モニター一体型のダッシュボードとインストゥルメントパネルに、レースタイマー機能を持つ専用マルチファンクションディスプレイを備えた3眼メーター、AMGパフォーマンスステアリングホイール、アルミニウム製シフトパドルなどが装備され、スポーティで上質な空間となっている。シートはセダン/ステーションワゴンとは形状の異なる、ヘッドレスト一体型の新型AMGスポーツシートを採用。パノラミックスライディングルーフも標準装備される。

各モデルともに、エンジンは従来通り6.2リッターV8ユニット(457ps、61.2kgm)を搭載するが、トランスミッションは従来のトルコン式7段ATに代え、湿式多板クラッチを用いた電子制御式7段トランスミッション「AMGスピードシフトMCT」を採用。アクセルレスポンスやシフトスピードの向上だけでなく、損失低減による燃費効率の改善にも寄与するという。

さらに、いずれのモデルにもオプションで「AMGパフォーマンスパッケージ」(125万円)が用意される。これはスーパースポーツ「SLS AMG」のエンジンに使用されている鍛造ピストン、コンロッド、軽量クランクシャフトを用い、最高出力を30psプラスの487psにパワーアップさせる。また、エンジンルームのチタニウムグレーペイント仕上げ可変インテークマニホールドやAMGハイパフォーマンスブレーキングシステム、カーボンファイバースポイラーリップなどの装備も含まれる。

価格は「C63 AMGクーペ」が1085万円、「C63 AMGセダン」が1075万円(従来モデル比+15万円)、「C63 AMGステーションワゴン」が1095万円(同+15万円)。ハンドル位置はステーションワゴンが右のみで、他は左右位置を選ぶことができる。デリバリー開始は2011年10月頃の予定。

(webCG 本諏訪)

「C63 AMGクーペ」
「C63 AMGクーペ」
「C63 AMGセダン」
「C63 AMGセダン」
「C63 AMGステーションワゴン」
「C63 AMGステーションワゴン」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC350eアバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.8 試乗記 メルセデス・ベンツのコンパクトセダン「Cクラス」に、プラグインハイブリッドモデル「C350eアバンギャルド」が登場。EVモードの使い勝手やパワートレインの感触を含めた、走りの印象を報告する。
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
ホームへ戻る