第24回:ボディー構造――理想の形を求めて<1935年>
素材の進化がデザインを変える

2018.05.17 自動車ヒストリー 視覚的な美しさはもちろん、空力性能や衝突安全性など、さまざまな要因によって形作られる自動車のボディー。パワープラントやドライブトレインと並んでクルマの性能を決定づける車体構造の歴史を、使用される素材の進化とともに振り返る。

燃えやすい素材が生んだ造形

1935年のパリサロンに出品された「ブガッティ・タイプ57SCアトランティック」は、特異なスタイリングで注目を集めた。長いボンネットを持ち、キャビンはティアドロップ形で航空機を思わせる。流麗なクーペスタイルだが、何よりも人々を驚かせたのは、背びれ状の“出っ張り”だった。それはボディーのセンターを通り、フロントからリアまで切れ目なくつながっていた。

空力性能のためにこのような形状が採用されたわけではない。軽量化のためにボディー素材として使ったマグネシウム合金が、非常に燃えやすい特性を持っていたことが理由である。溶接は不可能で、成形するには貼り合わせる形でリベット留めする必要があったのだ。生産モデルではアルミニウムが用いられたが、制約のために生まれたフィンのデザインはそのまま残された。

自動車のボディーデザインには、素材の進化が深く関わっている。成形や接合の技術もレベルアップし、デザインの自由度は格段に向上した。馬車の模倣から始まった自動車のボディー構造は、現在ではセダン、ミニバン、SUVなどのさまざまなバリエーションを生み出している。デザイナーの思い描く理想の形は、素材と技術の発展なしには実現できなかった。

1922年の「ランチア・ラムダ」は、乗用車として初めてモノコック構造のボディーを採用した。当時はハシゴ型フレームに木製ボディーを架装するのが常識だったが、ラムダはスチール製のボディー全体で強度を受け持つ構造を取り入れたのだ。軽量で高い剛性を持ち、操縦性能と乗り心地の快適さは飛び抜けていたといわれる。モノコック構造は重心を低くするのにも有利で、スポーティーなスタイルを実現することができた。ラムダの成功により、モノコックボディーを使った新しいデザインのクルマが作られていくことになる。

「ブガッティ・タイプ57SCアトランティック」のボディーには、溶接に適さないマグネシウム合金が使用される計画だったため、ボディーの中央やフェンダーなどに、パネル同士をリベット打ちするための“ひれ”が設けられていた。
「ブガッティ・タイプ57SCアトランティック」のボディーには、溶接に適さないマグネシウム合金が使用される計画だったため、ボディーの中央やフェンダーなどに、パネル同士をリベット打ちするための“ひれ”が設けられていた。拡大
1922年に登場した「ランチア・ラムダ」。モノコックボディーに加え、スライディングピラー式の前輪独立懸架や、V型4気筒SOHCエンジンなど、各所に意欲的な技術が盛り込まれたモデルだった。
1922年に登場した「ランチア・ラムダ」。モノコックボディーに加え、スライディングピラー式の前輪独立懸架や、V型4気筒SOHCエンジンなど、各所に意欲的な技術が盛り込まれたモデルだった。拡大
「ランチア・ラムダ」に採用されたモノコックボディー。
「ランチア・ラムダ」に採用されたモノコックボディー。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事