第124回:「交通死傷者ゼロ」に向かって 〜トヨタの安全技術取材会から

2011.07.29 エッセイ

第124回:「交通死傷者ゼロ」に向かって 〜トヨタの安全技術取材会から

静岡県内にある、トヨタ自動車の“マル秘”な研究施設に潜入! そこで見られた、同社最新の安全技術とは……?

東富士研究所内に展示されていた「トヨタESV」。「ESV」は「Experimental Safety Vehicle」(実験安全車)の略で、1970年にアメリカ運輸省が提唱し、ビッグスリーをはじめ世界の主要な自動車メーカーが計画に参画した。これは73年の東京モーターショーの出展車両の同型車で、衝撃吸収ボディやエアバッグ、ABSなどを備えていた。トヨタの安全対策車両のルーツ的なモデルである。
東富士研究所内に展示されていた「トヨタESV」。「ESV」は「Experimental Safety Vehicle」(実験安全車)の略で、1970年にアメリカ運輸省が提唱し、ビッグスリーをはじめ世界の主要な自動車メーカーが計画に参画した。これは73年の東京モーターショーの出展車両の同型車で、衝撃吸収ボディやエアバッグ、ABSなどを備えていた。トヨタの安全対策車両のルーツ的なモデルである。
「クラッシュテスト」で、「クラウン」とオフセット衝突した「ヴィッツ」。速度は双方とも55km/h、ご覧のとおりスカットルより前は衝撃を吸収して大破しているが、ピラーの変形もほとんどなく、キャビンはほぼ原形をとどめており、生存空間は確保されている。ドアは4枚とも人力で開き、脱出性も問題ない。
「クラッシュテスト」で、「クラウン」とオフセット衝突した「ヴィッツ」。速度は双方とも55km/h、ご覧のとおりスカットルより前は衝撃を吸収して大破しているが、ピラーの変形もほとんどなく、キャビンはほぼ原形をとどめており、生存空間は確保されている。ドアは4枚とも人力で開き、脱出性も問題ない。
自動車乗車中の事故による年齢別の死者数の推移。全体の死者数は減少しているが、65歳以上の高齢者は横ばいであることがわかる。
自動車乗車中の事故による年齢別の死者数の推移。全体の死者数は減少しているが、65歳以上の高齢者は横ばいであることがわかる。

多すぎる悲劇をなくすために

日本における昨2010年の交通事故による死亡者は4863人。10年連続して減少しており、10年前に比べるとほぼ半減した。日本をはじめ米国、欧州などの自動車先進国における交通事故死亡者数は年々減少傾向にあるが、世界規模での年間死亡者数はなんと130万人にも上るという。しかもなんらかの対策をとらない限り、2020年には190万人に達すると予測されているそうだ。

そうした極めて深刻な問題を抱えるモビリティ社会ではあるが、究極の目標である「交通死傷者ゼロ」を目指して、トヨタでは「人(人間に対する交通安全啓発)」「クルマ(安全な車両開発)」「交通環境」の三位一体の改善活動に取り組んでいる。このうちの「クルマ」の部分をメディアに向けて公開する「安全技術取材会」が、静岡県裾野市にあるトヨタ自動車の「東富士研究所」で開かれた。

トヨタの車両安全技術の開発における基本的な考え方は、「実際の事故に学び、常に改善を続けていく」という「実安全の追求」。車両に搭載されたさまざまな安全技術の連携を図り、最適なドライバー支援を行う「統合安全コンセプト」を念頭に商品開発を進めている。

国内の交通事故死亡者数は前述したとおりだが、死者数のなかでもっとも多いのは歩行者(35.2%)で、次が自動車乗車中(32.9%)である。また死亡者を年齢別に見ると、65歳以上の高齢者が過半数(50.4%)を占めている。つまり、歩行者や高齢者といった交通弱者に犠牲が多いことがはっきりと数字に表れているのだ。トヨタは以前から、交通弱者に配慮した安全技術開発に積極的に取り組んでおり、今回の「安全技術取材会」でも関連の技術が目立った。

例えば、時おり耳にする高速道路の逆走による事故。NEXCOによれば高速における逆走発生件数は年間1000件ほどあり、うち事故に至った逆走ドライバーの約半数が65歳以上の高齢者という。こうした逆走事故を防ぐために考案されたのが、ナビの「逆走注意案内」である。ナビの地図の高鮮度化(高速道路の開通から最短7日で配信)および現在位置の高精度化、そして逆走検知アルゴリズムの向上から商品化が可能となったもので、高速道路を逆走していると判断すると、ナビの画面と音声で注意を喚起する。

正直言って、この機能に自分自身がドライバーとしてお世話になる機会はまだ想像できないが、逆走事故に遭遇する可能性は誰にでもある。となれば、普及するのが望ましい機能といえよう。すでに6月からディーラーオプションとして用意されるナビにはこの機能が備わっているそうで、純正およびメーカーオプションのナビも順次対応していく予定という。

「逆走注意案内」。高速道路を逆走しているとナビが判断すると、音声と画面表示で注意を促す。ちなみに逆走が多いのはインターチェンジ、本線、サービス/パーキングエリアの順という。
第124回:「交通死傷者ゼロ」に向かって 〜トヨタの安全技術取材会から

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ