中国とアメリカ、自動車大国のツートップでは
どんなボディータイプのクルマが流行してる?

2018.05.16 デイリーコラム

中国の定番は中型セダン

世界第1位の自動車生産・販売国の中国。2017年の生産台数は2900万台に達し、今年2018年には3000万の大台を超えるのは確実だ。

その中国ではいま、どんなボディータイプのクルマが人気なのか?

4月末から5月上旬、首都・北京で開催されたオートチャイナ2018(通称:北京モーターショー)の会場を巡ってみると、目立ったのはセダンの多さだ。ワールドプレミアとしては、メルセデスが新型「Aクラス」のセダンを、そして日産は「シルフィ」に「リーフ」の電動ユニットを移植した「シルフィ ゼロエミッション」を披露した。中国では中型セダンが定番の商品だ。

高級セダンに目を向けると、欧州ブランドはモデル名称に「L」が付くロングホイールベース車を数多く出展していた。元来、リムジンを指すLは、公用車や運転手付きの社用車として開発されているが、中国では個人所有でもLを好む傾向が強い。

その理由について、とある日系自動車メーカーの中国デザインスタジオ幹部は「中国人にとってクルマは見えの象徴であり、ロングホイールベースをあえて自分で乗りたがる。しかも、価格についてはシビアなので、排気量が小さくても構わない」と中国市場の実態を説明する。

確かに、レクサスが発表した新型「ES」は、「LS」並みのロングホイールベースだが、中国向けには2リッター直4エンジン搭載モデルの設定がある。

北京ショーでレクサスが世界初公開した新型「ES」。全長5mに迫る大型セダンだが、中国市場向けには2リッター直4エンジン搭載モデルも用意されている。
北京ショーでレクサスが世界初公開した新型「ES」。全長5mに迫る大型セダンだが、中国市場向けには2リッター直4エンジン搭載モデルも用意されている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事