VW、「ゴルフ」の装備と価格を一部変更

2011.07.28 自動車ニュース

フォルクスワーゲン、「ゴルフ」の装備と価格を一部変更

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2011年7月28日、コンパクトカー「ゴルフ」の一部グレードで装備変更を行い、「プレミアムエディション」として8月1日に発売すると発表した。

今回、装備が見直され、グレード名も新たに発売されるのは、1.2リッターターボエンジン搭載のベーシックグレード「TSIトレンドライン」と、1.4リッターターボエンジン搭載の最量販グレード「TSIコンフォートライン」。

「TSIトレンドライン」は「TSIトレンドライン プレミアムエディション」と名称を変更。エンジンのマネージメントも見直され、最大トルク発生回転数が1550rpmから1500rpmへと、やや低回転側に。また、燃費(10・15モード)は17.0km/リッターから17.4km/リッターへと向上した。
装備面ではアルミホイールやフロントフォグランプを新規に採用。レザーのステアリングホイールやシフトノブが与えられ、シート地や装飾パネルのデザイン変更も行われている。価格は従来モデル比6万円高の、263万円。

「TSIコンフォートライン」は「TSIコンフォートライン プレミアムエディション」にグレード名をチェンジ。バイキセノンヘッドライト(ダイナミックコーナリングライト、ヘッドライトウォッシャー付き)やダークテールレンズを標準装備とし、アルミホイールも新デザインのものとなる。内装はアルカンターラ&ファブリックとされ、前席にはスポーツシートも採用されるなど、上級グレード「TSIハイライン」に迫る内容とされた。
価格は従来モデルより11万円高い、289万円。

また、「TSIハイライン」は、オプションとして用意されていたバイキセノンヘッドライト(ダイナミックコーナリングライト、ヘッドライトウォッシャー付き)が標準装備に改められ、従来モデルより14万円高の329万円となる。

(webCG 本諏訪)

「ゴルフTSIトレンドライン プレミアムエディション」
「ゴルフTSIトレンドライン プレミアムエディション」 拡大
「ゴルフTSIトレンドライン プレミアムエディション」のインテリア
「ゴルフTSIトレンドライン プレミアムエディション」のインテリア 拡大
「ゴルフTSIコンフォートライン プレミアムエディション」
「ゴルフTSIコンフォートライン プレミアムエディション」 拡大
「ゴルフTSIコンフォートライン プレミアムエディション」のインテリア
「ゴルフTSIコンフォートライン プレミアムエディション」のインテリア 拡大

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲンゴルフ/ゴルフヴァリアント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.3.5 試乗記 クリーンディーゼルエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・パサート」が、いよいよ日本上陸。その乗り味にはどんな特徴があるのか、ワゴンの上級モデル「パサートヴァリアントTDIハイライン」に試乗して確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【海外試乗記】 2018.2.27 試乗記 間もなく日本に導入される6代目「フォルクスワーゲン・ポロ」。そのハイパフォーマンスバージョンである「GTI」に、フランスのニースで試乗した。ライバルに肩を並べる高い動力性能と、日常性を犠牲にしない洗練されたドライブフィールをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る