VW、「ゴルフ」の装備と価格を一部変更

2011.07.28 自動車ニュース

フォルクスワーゲン、「ゴルフ」の装備と価格を一部変更

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2011年7月28日、コンパクトカー「ゴルフ」の一部グレードで装備変更を行い、「プレミアムエディション」として8月1日に発売すると発表した。

今回、装備が見直され、グレード名も新たに発売されるのは、1.2リッターターボエンジン搭載のベーシックグレード「TSIトレンドライン」と、1.4リッターターボエンジン搭載の最量販グレード「TSIコンフォートライン」。

「TSIトレンドライン」は「TSIトレンドライン プレミアムエディション」と名称を変更。エンジンのマネージメントも見直され、最大トルク発生回転数が1550rpmから1500rpmへと、やや低回転側に。また、燃費(10・15モード)は17.0km/リッターから17.4km/リッターへと向上した。
装備面ではアルミホイールやフロントフォグランプを新規に採用。レザーのステアリングホイールやシフトノブが与えられ、シート地や装飾パネルのデザイン変更も行われている。価格は従来モデル比6万円高の、263万円。

「TSIコンフォートライン」は「TSIコンフォートライン プレミアムエディション」にグレード名をチェンジ。バイキセノンヘッドライト(ダイナミックコーナリングライト、ヘッドライトウォッシャー付き)やダークテールレンズを標準装備とし、アルミホイールも新デザインのものとなる。内装はアルカンターラ&ファブリックとされ、前席にはスポーツシートも採用されるなど、上級グレード「TSIハイライン」に迫る内容とされた。
価格は従来モデルより11万円高い、289万円。

また、「TSIハイライン」は、オプションとして用意されていたバイキセノンヘッドライト(ダイナミックコーナリングライト、ヘッドライトウォッシャー付き)が標準装備に改められ、従来モデルより14万円高の329万円となる。

(webCG 本諏訪)

「ゴルフTSIトレンドライン プレミアムエディション」
「ゴルフTSIトレンドライン プレミアムエディション」
「ゴルフTSIトレンドライン プレミアムエディション」のインテリア
「ゴルフTSIトレンドライン プレミアムエディション」のインテリア
「ゴルフTSIコンフォートライン プレミアムエディション」
「ゴルフTSIコンフォートライン プレミアムエディション」
「ゴルフTSIコンフォートライン プレミアムエディション」のインテリア
「ゴルフTSIコンフォートライン プレミアムエディション」のインテリア

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6MT)【試乗記】 2016.1.19 試乗記 220psのエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のスポーツグレード「GTI」に、3ペダルの6段MT仕様が登場。そこに優秀なデュアルクラッチ式AT仕様を避けてまで選ぶほどの“操る喜び”はあるか。箱根のワインディングロードで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.8 試乗記 「GTI」シリーズの誕生40周年を祝う限定モデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」に、第2弾となる「ストリートエディション」が登場。エンジンやドライブトレインなど、各所に施された独自のチューニングが織り成す走りを試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/6MT)【試乗記】 2015.10.1 試乗記 280psの高出力エンジンに4WDの駆動方式を組み合わせた「フォルクスワーゲン・ゴルフR」に、6段マニュアルトランスミッション仕様が登場。VWが誇る全天候型ハイパフォーマンスモデルにあえての“人力変速”で乗ることでリポーターが実感したこととは?
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る