VW、「ゴルフ」の装備と価格を一部変更

2011.07.28 自動車ニュース

フォルクスワーゲン、「ゴルフ」の装備と価格を一部変更

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2011年7月28日、コンパクトカー「ゴルフ」の一部グレードで装備変更を行い、「プレミアムエディション」として8月1日に発売すると発表した。

今回、装備が見直され、グレード名も新たに発売されるのは、1.2リッターターボエンジン搭載のベーシックグレード「TSIトレンドライン」と、1.4リッターターボエンジン搭載の最量販グレード「TSIコンフォートライン」。

「TSIトレンドライン」は「TSIトレンドライン プレミアムエディション」と名称を変更。エンジンのマネージメントも見直され、最大トルク発生回転数が1550rpmから1500rpmへと、やや低回転側に。また、燃費(10・15モード)は17.0km/リッターから17.4km/リッターへと向上した。
装備面ではアルミホイールやフロントフォグランプを新規に採用。レザーのステアリングホイールやシフトノブが与えられ、シート地や装飾パネルのデザイン変更も行われている。価格は従来モデル比6万円高の、263万円。

「TSIコンフォートライン」は「TSIコンフォートライン プレミアムエディション」にグレード名をチェンジ。バイキセノンヘッドライト(ダイナミックコーナリングライト、ヘッドライトウォッシャー付き)やダークテールレンズを標準装備とし、アルミホイールも新デザインのものとなる。内装はアルカンターラ&ファブリックとされ、前席にはスポーツシートも採用されるなど、上級グレード「TSIハイライン」に迫る内容とされた。
価格は従来モデルより11万円高い、289万円。

また、「TSIハイライン」は、オプションとして用意されていたバイキセノンヘッドライト(ダイナミックコーナリングライト、ヘッドライトウォッシャー付き)が標準装備に改められ、従来モデルより14万円高の329万円となる。

(webCG 本諏訪)

「ゴルフTSIトレンドライン プレミアムエディション」
「ゴルフTSIトレンドライン プレミアムエディション」
「ゴルフTSIトレンドライン プレミアムエディション」のインテリア
「ゴルフTSIトレンドライン プレミアムエディション」のインテリア
「ゴルフTSIコンフォートライン プレミアムエディション」
「ゴルフTSIコンフォートライン プレミアムエディション」
「ゴルフTSIコンフォートライン プレミアムエディション」のインテリア
「ゴルフTSIコンフォートライン プレミアムエディション」のインテリア

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲンゴルフ/ゴルフヴァリアント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2013.7.7 試乗記 フルモデルチェンジで7世代目となった「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。このモデルには格別な思いがあるという巨匠 徳大寺有恒が、その仕上がりを吟味した。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
ホームへ戻る