谷口信輝の新車試乗――ポルシェ911 GT3(前編)

2018.05.17 mobileCG

GT3カップカー譲りのハイパワーエンジンを搭載する「ポルシェ911 GT3」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗! SUPER GTをはじめとするレースの世界で活躍するプロは、その走りをどう評価する?

 
谷口信輝の新車試乗――ポルシェ911 GT3(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――ポルシェ911 GT3(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――ポルシェ911 GT3(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――ポルシェ911 GT3(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――ポルシェ911 GT3(前編)の画像拡大

ポルシェの気迫が伝わってくる

「うわー、これ、サイコー!」

試乗を終えた谷口信輝がこれほど無邪気に喜んでいる姿は、初めて見たような気がする。それほどポルシェ911 GT3は彼の琴線に強く触れたようだ。

「モータースポーツと公道走行とのギャップを埋めるモデル」 911 GT3のことをポルシェはそう説明する。もちろん、ロードカーであるからには日常的な快適性にも配慮されている。ただし、全体から見れば、その比率は大きくない。それよりもワインディングロードで、そしてサーキットで最高の喜びを味わうために誕生したのが911 GT3といえる。

「このクルマのターゲット層はそんなに幅広くないでしょ」
谷口もポルシェの意図を鋭く読み取っていた。

「極端に言えば、ユーザーの意見に耳を貸す必要なんかない。本当に操る力のある者だけがこのクルマに乗ればいいと、ポルシェはそんなふうに考えているんじゃないでしょうか」

谷口の言いたいことはよくわかるが、言葉を変えて言えば、ポルシェは市場調査結果に基づいていかにも売れそうなクルマを作ろうとしたのではなく、スポーツカーメーカーの原点に立ち返り、本当に自分たちが作りたいクルマ、そして作るべきクルマとして企画し、開発したのが911 GT3であるということなのだろう。

「腕があるヤツだけが乗ればいいと思っているから、思い切って走りに特化したクルマが作れる。だって、走り95%、タウンユース5%くらいのバランスで仕上げてある感じですよ、911 GT3は……」(続く)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「https://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
911ポルシェ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・マカンGTS/718ケイマンGTS/911カレラGTS【試乗記】 2018.7.14 試乗記 強化されたパワーと、充実した装備を誇るポルシェ伝統の高性能グレード「GTS」。高額ながらもポルシェ各車のラインナップで人気なのは、実はお買い得だから? 成り立ちの異なる3モデルで、その走りを試した。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【試乗記】 2018.8.8 試乗記 ポルシェのSUV「マカン」に、装備充実のスポーティーモデル「マカンGTS」が登場。ボディーの大きさや車重を忘れさせるその走りは、往年のFRポルシェにも通じる“小気味よさ”が感じられるものだった。
  • スバルWRX STIタイプRA-R(4WD/6MT)【試乗記】 2018.7.25 試乗記 スバルテクニカインターナショナル(STI)の創立30周年を記念したコンプリートカー「スバルWRX STIタイプRA-R」。“要らないものはそぎ落とす”という古式ゆかしき方法で調律された限定モデルの実力を、クローズドコースで試した。
ホームへ戻る