【スペック】Gツーリングセレクション スカイライトパッケージ:全長×全幅×全高=4615×1775×1600mm/ホイールベース=2780mm/車重=1500kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(99ps/5200rpm、14.5kgm/4000rpm)+交流同期電動機(82ps、21.1kgm)/価格=330万5000円(テスト車=400万7450円/プリクラッシュセーフティシステム&レーダークルーズコントロール=14万7000円/インテリジェントパーキングアシスト+HDDナビゲーションシステム&プリウスα・スーパーライブサウンドシステム=50万850円/G-BOOK mX Pro専用DCM+盗難防止システム オートアラーム=5万4600円)

トヨタ・プリウスα シリーズ(FF/CVT)【動画試乗記】

3.5世代目への進化 2011.07.27 試乗記 トヨタ・プリウスα Gツーリングセレクション スカイライトパッケージ(FF/CVT)/Sツーリングセレクション(FF/CVT)
……400万7450円/338万6950円

好調な売れ行きを見せる「プリウス」のワゴンモデル「プリウスα」。5人乗りと7人乗りに試乗した塩見 智が、その違いを動画でリポートする。

重厚感がアップ

「プリウス」シリーズに、初の7人乗りモデル「プリウスα」が設定された。ハイブリッドで多人数乗車が可能な点は大いに魅力的だが、ラインナップには5人乗りも設定されており、両者のスタート価格には、65万円もの差がある。そこで気になるのは乗り味の違い。はたして両者の走りに違いはあるのか? また標準型プリウスと比べるとどうなのか!?

【動画】プリウスα 試乗インプレッション

(Report=塩見 智)

【スペック】Sツーリングセレクション:全長×全幅×全高=4615×1775×1575mm/ホイールベース=2780mm/車重=1470kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(99ps/5200rpm、14.5kgm/4000rpm)+交流同期電動機(82ps、21.1kgm)/価格=280万円(テスト車=338万6950円/ボディーカラー=3万1500円/インテリジェントパーキングアシスト+HDDナビゲーションシステム&プリウスα・スーパーライブサウンドシステム=50万850円/G-BOOK mX Pro専用DCM+盗難防止システム オートアラーム)=5万4600円)
【スペック】Sツーリングセレクション:全長×全幅×全高=4615×1775×1575mm/ホイールベース=2780mm/車重=1470kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(99ps/5200rpm、14.5kgm/4000rpm)+交流同期電動機(82ps、21.1kgm)/価格=280万円(テスト車=338万6950円/ボディーカラー=3万1500円/インテリジェントパーキングアシスト+HDDナビゲーションシステム&プリウスα・スーパーライブサウンドシステム=50万850円/G-BOOK mX Pro専用DCM+盗難防止システム オートアラーム)=5万4600円)

トヨタ・プリウスα シリーズ(FF/CVT)【動画試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスαの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・シエンタX 7人乗り(FF/CVT)/シエンタ ハイブリッドG 6人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.11 試乗記 個性的なデザインやボディーカラーで話題の、新型「トヨタ・シエンタ」に試乗。そのコンパクトミニバンとしての実力は……? パワーユニットやシートの仕様が異なる、2つのモデルでチェックした。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • トヨタ・シエンタ ハイブリッドX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.14 試乗記 販売好調が伝えられるトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。フルモデルチェンジからの1カ月で、実に月間販売目標の7倍に達する、4万9000台もの受注を集めたという。人気の秘密はどこにあるのか、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・シエンタ【開発者インタビュー】 2015.8.11 試乗記 12年におよぶモデルライフを経て一新された、トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。新型の個性的なデザインやメカニズムは、どんな思いから生み出されたのか? 開発責任者の生の声を聞いた。
ホームへ戻る