【スペック】全長×全幅×全高=4410×1695×1540mm/ホイールベース=2500mm/車重=1150kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4SOHC16バルブ(120ps/6600rpm、14.8kgm/4800rpm)/価格=165万円(テスト車=207万7350円)

ホンダ・フィットシャトル15X(FF/CVT)【ブリーフテスト】

ホンダ・フィットシャトル15X(FF/CVT) 2011.07.26 試乗記 ……207万7350円
総合評価……★★★★★

売れっ子「フィット」をベースに、さらに広く、使い勝手をよくしたという「フィットシャトル」。ガソリンモデルで、その実力を試してみた。

ホンダらしい工夫、らしくない姿

標準型の「ホンダ・フィット」自体、よくできたクルマで、5ドアハッチバックのユーティリティは、小型の多用途車として最上位にランクされる。一見商用車風のスタイリングを採るものの、「フィットシャトル」はより広い荷室とハイルーフが追加された形で、さらに実用性がアップした。なかでも奥行き1.8mを超える長くフラットなフロアの確保や、自転車まで積めるといったアイデアの数々は、ホンダらしい個性として称賛できる。

若者向けのフィットに対し、これならシニア世代のユーザーをも取り込めそうである。が、スタイリングにはさらなる配慮が欲しいところだ。三角に切りっぱなしたCピラーはいかにも安手。オリジナルのハッチバックスタイルをもっと膨らませるとか、より乗用車的なホンダらしいデザインが望ましい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィットシャトルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る