第8回:子供向けと侮るなかれ。実はエンスー映画なんです!?
『カーズ2』

2011.07.26 エッセイ

第8回:子供向けと侮るなかれ。実はエンスー映画なんです!? 『カーズ2』

『トイ・ストーリー』監督のクルマ映画

女子供向け、なんて言葉はさすがに死語だろうが、それでもアニメに対して偏見を持っている人はまだまだ多い。たとえば昨年公開された『ヒックとドラゴン』がいかに素晴らしいかを話しても、半笑いで返されてしまうのがオチだ。少年の成長物語としても、3D映画としても一級品なのに、アニメというだけでスルーされる。原恵一監督の『カラフル』も不遇だった。原作小説をはるかに超えるレベルの作品に仕上がっていたのだが、賞賛の声は狭い範囲にとどまった。

例外的に、ジブリ作品だけは大人が鑑賞すべきものとされている。宮崎駿監督の名声は日本人としても誇らしい限りだが、それに匹敵する作品群を送り出し続けているのが、ピクサー・アニメーション・スタジオであり、ジョン・ラセター監督だ。1995年の『トイ・ストーリー』は世界初のフルCGアニメとして新たな表現の可能性を開いた衝撃的な作品だった。それ以上に、よく練られた脚本には感嘆するしかなかった。『トイ・ストーリー2』そして昨年の『トイ・ストーリー3』と続く壮大な物語は、大人、子供を問わず夢中にさせた。大喜びで歓声を上げる子供の隣で、親はぼろぼろに泣いてしまうのだ。

ラセター監督がクルマを主人公にして作った作品が、2006年の『カーズ』だった。『トイ・ストーリー』はおもちゃが主人公だから擬人化のハードルは低い。しかし、クルマだと「きかんしゃトーマス」的な色合いを帯びてしまう恐れがある。そうなると、さすがに大人が観るにはツラいのではないかと心配したのだが、まったく杞憂(きゆう)だった。ラセター監督のクルマ愛、そしてハイウェイが整備される以前のルート66文化への郷愁がスパイスとなり、自動車映画として十分に成立していたのだ。

主人公のライトニング・マックィーンは新人レーシングドライバーで、天才ぶりを発揮するが自信過剰が災いし、友達がいない。ピストン・カップのチャンピオン決定戦に向かう途中で田舎町のラジエーター・スプリングスに迷い込んだ彼は、ぼろレッカー車のメーターや「ポルシェ」のサリーと出会い、友情に目覚めていく。そして、判事のドック・ハドソンからドライビングのコーチを受け、友人たちとともに最終戦に向かう。

(C) Disney/Pixar
第8回:子供向けと侮るなかれ。実はエンスー映画なんです!? − 『カーズ2』
『カーズ』DVD
第8回:子供向けと侮るなかれ。実はエンスー映画なんです!? − 『カーズ2』
「ポルシェ911(996)」
「ポルシェ911」の5代目モデルで、1997年から2004年まで生産された。環境問題に対応するため、初めてエンジンが水冷化されている。涙滴型のヘッドランプが特徴。
第8回:子供向けと侮るなかれ。実はエンスー映画なんです!? − 『カーズ2』

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。