第505回:交通事故死傷者ゼロを目指して!
最新の「Toyota Safety Sense」をテストコースで体感

2018.06.13 エディターから一言
 
第505回:交通事故死傷者ゼロを目指して!最新の「Toyota Safety Sense」をテストコースで体感の画像拡大

2018年より導入が開始された、トヨタの予防安全パッケージである第2世代の「Toyota Safety Sense」。「交通事故死傷者ゼロ」を究極の目標に掲げて開発が進む先進安全運転支援機能の“今の立ち位置”は? 静岡・東富士の同社テストコースで、プリクラッシュセーフティーを体感した。

2009年8月に発売された「ボルボXC60」。極低速での追突事故を未然に防ぐ安全技術「シティセーフティー」が搭載されていた。
2009年8月に発売された「ボルボXC60」。極低速での追突事故を未然に防ぐ安全技術「シティセーフティー」が搭載されていた。拡大
2015年にマイナーチェンジした「カローラアクシオ」と「カローラフィールダー」にトヨタ初となる「Toyota Safety Sense C」が搭載された。
2015年にマイナーチェンジした「カローラアクシオ」と「カローラフィールダー」にトヨタ初となる「Toyota Safety Sense C」が搭載された。拡大
「Toyota Safety Sense C」の、カメラおよびレーザーレーダーのセンサー部。
「Toyota Safety Sense C」の、カメラおよびレーザーレーダーのセンサー部。拡大

急速に普及が進む先進安全機能

2009年にボルボが完全停止可能な衝突被害軽減ブレーキを搭載した「XC60」を国内に初めて導入して以降、国産車や他の輸入車でも、同様の機能の採用が進み始めた。現在では、ブランドごとに名称はさまざまだが、複数の先進安全機能をパッケージしたものを標準化するまでになっている。例えばスバルの「EyeSight(アイサイト)」もそのひとつで、昨今のスバル人気のきっかけにもなった。数年前まではこれらの先進機能は付加価値のひとつであったが、市場のニーズと各社の普及への取り組みから軽自動車へも標準化が進められ、今では商用車にまで広がりを見せている。

トヨタ自動車は、2015年に「Toyota Safety Sense」と呼ぶ先進安全運転支援機能のパッケージの導入を開始した。普及を進めるために機能を絞ることで安価にしたエントリーの「Toyota Safety Sense C」と機能を強化した上級の「Toyota Safety Sense P」の2タイプを設定。現在では日米欧のほぼすべての車種に設定を完了し、世界累計販売台数は約800万台までになっている。1000万台達成も目前というから、その普及が加速していることが分かる。

ここで第1世代のおさらいをすると、「Toyota Safety Sense」には「C」と「P」の2タイプがあり、レーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせた「C」は、「自動ブレーキ」「車線逸脱警告」「自動ハイビーム」のシンプルな機能を持つ。一方「P」は、単眼カメラとミリ波レーダーを組み合わせることでより高性能化。自動ブレーキの対象を車両のみでなく、昼間の歩行者までカバーするなど機能向上が図られた上で、「ACC(アダプティブクルーズコントロール)」を追加していた。そして2018年に市場投入が始まった第2世代では「P」をベースに開発した「Toyota Safety Sense」に一本化。これにより安全性を高めるだけでなく、基本的な機能については車種による差をなくしていく方針だという。

あなたにおすすめの記事
新着記事