第506回:神仏習合発祥の地・国東半島に幻のレストランが登場!
「DINING OUT KUNISAKI with LEXUS」でアメージング体験

2018.06.14 エディターから一言
今回で13回目を迎えたダイニングアウトは、「神仏習合」発祥の地といわれる大分県の国東半島で開催された。
今回で13回目を迎えたダイニングアウトは、「神仏習合」発祥の地といわれる大分県の国東半島で開催された。拡大

食を通じて地方の持つ魅力を再発見する野外イベント「DINING OUT(ダイニングアウト)」の第13弾が2018年5月27~28日に大分県国東市で開催された。2日間だけ現れた幻のレストランに記者が参加、その様子をリポートする。

休憩所にて。台湾ウーロン茶「翠峰(すいほう)」とココナツ風味の柏餅。ここでゲストは護摩木に願い事をしたためて奉納する。
休憩所にて。台湾ウーロン茶「翠峰(すいほう)」とココナツ風味の柏餅。ここでゲストは護摩木に願い事をしたためて奉納する。拡大
文殊仙寺の入り口。
文殊仙寺の入り口。拡大
文殊仙寺は標高614mの文殊山中腹に建つ。奥に見えるのが山門。
文殊仙寺は標高614mの文殊山中腹に建つ。奥に見えるのが山門。拡大
文殊仙寺は、648年に役之行者(えんのぎょうじゃ)によって開かれた天台宗の寺。日本三文殊随一の古刹(こさつ)として知られ、「三人寄れば文殊の知恵」の発祥地といわれる。
文殊仙寺は、648年に役之行者(えんのぎょうじゃ)によって開かれた天台宗の寺。日本三文殊随一の古刹(こさつ)として知られ、「三人寄れば文殊の知恵」の発祥地といわれる。拡大
本殿文殊堂ではゲストの願い事が書かれた護摩木が集められ、住職により護摩焚きの儀式が行われた。
本殿文殊堂ではゲストの願い事が書かれた護摩木が集められ、住職により護摩焚きの儀式が行われた。拡大

開山1300年にふさわしいイベント

大分県の北東部、周防灘に面したところに、丸いこぶのように突き出た半島がある。国東半島だ。ここは、日本古来の神道と大陸から伝わった仏教とが融合する「神仏習合」発祥の地。島の中央にある両子山(ふたごやま)から延びる谷筋に沿って開けた6つの郷と、半島一体にある寺院群の総称を「六郷満山」と呼び、独特の山岳宗教文化が栄えてきた。

そんな国東において、2018年は開山1300年という節目にあたる年。そこで、「DINING OUT KUNISAKI with LEXUS」が開催される運びとなった。

ダイニングアウトは、会場へたどり着くまで行き先を明かされることのないミステリーツアーだ。

国東市にある大分空港から、里山が迫る道を30分ほど走っただろうか。緑濃い山道の中腹で送迎車を降り、導かれるがままにこけむした石段を登り始める。見上げると、石段は山の上のほうに向かって一直線に延びていた。

腰に手を当てながら文殊仙寺の山門をくぐり抜ける。聞けば330段も登ってきたらしい。右手に本殿文殊堂、左に目を移すと、台地状に切り開かれた場所に、白いクロスのかかったテーブルが見えた。

ここが会場だったのか!

木の根が太いツタのように大きな岩石に絡みつき、山の斜面をつかんでいる。長い長い年月を感じさせた。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • マツダCX-3 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-3 20S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.6.15 試乗記 マツダが、コンパクトSUV「CX-3」に大幅なマイナーチェンジを実施。内外装の質感向上やエンジンの改良など、全方位的に手を加えられた改良モデルの実力を、ガソリン、ディーゼル両モデルの試乗を通してチェックした。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
ホームへ戻る