【スペック】全長×全幅×全高=3835×1690×1380mm/ホイールベース=2365mm/車重=1190kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(134ps/6750rpm、16.3kgm/4400rpm)/価格=255万円(テスト車=同じ)

ルノー・ウインド(FF/5MT)【試乗記】

さりげないホンモノ 2011.07.25 試乗記 ルノー・ウインド(FF/5MT)
……255万円

「トゥインゴ」をベースに作られた2シーターオープンカー「ウインド」が日本に上陸。ルノースポールの手になるフレンチコンパクトの、第一印象をリポートする。

「アウトソーシング」の第一弾

作り手が楽しいクルマを作ろうとしたことは、このスタイリングを見た瞬間からすぐにわかる。ベースはスモールカーの「トゥインゴ」だが、その面影はほとんどない。キャビンを小さく仕立て、ボディ後部をかつてのV8フェラーリのようなシュガースコップ型にして、ミドシップカーのようなデザインにまとめている。まるで、“だまし絵”のよう。エスプリが利いている。

開発はルノーのモータースポーツ部門であるルノースポールが行った。ルノースポールが開発し、ルノーブランドで売られる、いわば「アウトソーシング」プロジェクトの最初の例という。エンジンは「トゥインゴ ゴルディーニRS」に搭載される1.6リッター直4(134ps)で、組み合わされる5MTも同じものだ。ギア比と最終減速比も変わらない。

シャシーについても、スタビライザーやブレーキなど、トゥインゴ ゴルディーニRSと共通の部品が多く見られる。ただし70kg増加した車重を補いつつ、2シーターオープンらしいスポーティな走りを実現するために、スプリングとダンパーはウインド専用のチューニングになっている。方向性としては、スポーティでありながら、日常の使い勝手も考慮した、いくぶんソフトな「シャシースポール」セッティングに近い感触にまとめられているという。加えてステアリングのギア比も、トゥインゴ ゴルディーニRSよりスローな設定(15.9→16.5)とされている。

パワーユニットは、「トゥインゴ」の高性能版「ゴルディーニ ルノースポール(RS)」と共通で、1.6リッター直4+5MTのみ。
パワーユニットは、「トゥインゴ」の高性能版「ゴルディーニ ルノースポール(RS)」と共通で、1.6リッター直4+5MTのみ。
シートの後ろには、ちょっとした荷物を置くための小さな棚が設けられている。
シートの後ろには、ちょっとした荷物を置くための小さな棚が設けられている。
トランクルーム容量は270リッター。オープンカー(特にクーペカブリオレタイプ)の多くは屋根を開けると荷室容量が小さくなるが、「ウインド」はさにあらず。
トランクルーム容量は270リッター。オープンカー(特にクーペカブリオレタイプ)の多くは屋根を開けると荷室容量が小さくなるが、「ウインド」はさにあらず。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ウインドの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る