第10戦ドイツGP決勝結果【F1 2011 速報】

2011.07.24 自動車ニュース

【F1 2011 速報】第10戦ドイツGP、ハミルトンが今季2勝目

F1世界選手権第10戦ドイツGP決勝が、2011年7月24日、ドイツのニュルブルクリンク(5.148km)を60周して行われた。

強豪レッドブルを上回るパフォーマンスで勝利したのは、前戦イギリスGPで息を吹き返したフェラーリではなく、劣勢が予想されたマクラーレン・メルセデスだった。
ルイス・ハミルトンは、予選2位からスタートでトップに立ち、途中首位の座を奪われたものの、ピットインのタイミングで再び1位へ。第3戦中国GP以来となる今季2勝目、自身通算16勝目をあげた。

2位はイギリスGPウィナー、フェラーリのフェルナンド・アロンソ。最後のピットストップでハミルトン攻略を狙ったがかなわず、2連勝はならなかった。
3位はレッドブル・ルノーのマーク・ウェバー。得意のコースで2戦連続となるポールポジションを獲得したが、スタートでまたしても順位を下げ、その後今季初の1位周回は実現できたものの、最終的には4戦連続となる3位に終わった。

レッドブルを駆るポイントリーダーのセバスチャン・ベッテルにとっては、今シーズンもっとも精彩を欠く週末となった。昨年9月のイタリアGP以来となるフロントロー脱落で予選3位。レースではスピン&コースオフ、またブレーキトラブルなどに泣かされ、最終的に4位でフィニッシュ。2010年11月から続いた連続ポディウムも11戦で途絶えた。

5位はフェラーリのフェリッペ・マッサ。背後のベッテルを抑え4位を走行、ファイナルラップで2台同時タイヤ交換となったが、そのピットストップでフェラーリがタイムロス、ベッテルに先を越されてしまった。

6位から8位までは地元ドイツ人ドライバーが入賞。フォースインディア・メルセデスのエイドリアン・スーティルが6位、メルセデスのニコ・ロズベルグ7位、同じくミハエル・シューマッハーが8位となった。ザウバー・フェラーリの小林可夢偉は9位でゴールし3戦ぶりの得点、10位にはルノーのビタリー・ペトロフが入った。

以下、11位セルジオ・ペレス(ザウバー)、12位ハイメ・アルグエルスアリ(トロロッソ・フェラーリ)、13位ポール・ディ・レスタ(フォースインディア)、14位パストール・マルドナド(ウィリアムズ・コスワース)、15位セバスチャン・ブエミ(トロロッソ)、16位ヘイキ・コバライネン(ロータス・ルノー)、17位ティモ・グロック(ヴァージン・コスワース)、18位ジェローム・ダンブロジオ(ヴァージン)、19位ダニエル・リカルド(HRTコスワース)、20位カルン・チャンドック(ロータス)が完走した。

チャンピオンシップリーダーのベッテルはポイントを216点とし首位をキープ。同2位のウェバーは139点で両者の差は「77」に縮まった。ランキング3位のハミルトンは134点、4位アロンソは130点、5位バトンは109点を獲得している。
コンストラクターズチャンピオンシップは、1位レッドブルが355点、2位マクラーレン243点、3位フェラーリ192点、4位メルセデス78点、5位ルノー66点という順位である。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。