【スペック】全長×全幅×全高=4775×1820×1605mm/ホイールベース=2745mm/車重=1540kg/駆動方式=4WD/2.5リッター水平対向4SOHC16バルブ(170ps/5600rpm、23.4kgm/4000rpm)/価格=317万1000円(テスト車=346万5000円/ボディカラー[サテンホワイトパール]=3万1500円/レガシィプレミアムサウンドシステム&HDDナビゲーションシステム=26万2500円)

スバル・レガシィアウトバック 2.5i EyeSight Sパッケージ リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】

“全部のせ”レガシィ 2011.07.24 試乗記 スバル・レガシィアウトバック 2.5i EyeSight Sパッケージ リミテッド(4WD/CVT)
……346万5000円

SUVライクな「スバル・レガシィアウトバック」にスポーティな特別仕様車が登場。その走りと乗り心地は……?

「あ、デカイ!」

かつてターボの「GT」系が大人気だったころ、高速道路で「レガシィ」を見かけると「あ、速い!」と思った。ところが今のレガシィは、町ですれ違うと「あ、デカイ!」と思う。
レガシィが現行型で大きくなったのは、メインターゲットを米国市場に据えたためだ。だから、デビュー時のCMキャラクターもロバート・デ・ニーロだった、かどうかは定かではないが、速さよりも、アメリカンなゆとりを身につけたクルマに成長したのはたしかである。

今回乗ったのは、レガシィの最低地上高をさらに5cm上げた「アウトバック」の特別仕様車「2.5i EyeSight Sパッケージ リミテッド」。先進の運転支援システム「アイサイト」を搭載する一方、大径アルミホイールやビルシュタインダンパーなど、走りの装備も充実させたモデルである。価格は317万1000円。要はいちばん高い2.5リッターのアウトバックだ。

“ぶつからない”だけじゃなく、よく走るアウトバックに、スバルビルの地下駐車場で対面する。7cm全高が上がり、全幅も4cm広いアウトバックは、ツーリングワゴンよりさらにデッカいクルマだが、加えて18インチのホイールが一層の押し出しを強調する。 ボディのそばに立つと、自分の目のスケール感がおかしくなったような錯覚に陥るデッカさは、MINIの「クロスオーバー」や「BMW5シリーズ グランツーリスモ」などもそうである。共通するのは、いずれも「対米重視モデル」ということ。アメリカで見れば、ちょうどいいのである。

運転席まわりの様子。グローブボックス上部やドアの内張りなどにカーボン調のパネルがあしらわれる。
運転席まわりの様子。グローブボックス上部やドアの内張りなどにカーボン調のパネルがあしらわれる。
テスト車には、車載カメラ(写真)で前方の他車や障害物をチェックし、自動ブレーキで衝突を回避または被害を軽減できる安全装備「アイサイト」が備わる。0〜100km/hで働く前車追従機能付きクルーズコントロールや、ペダルの誤作動による急発進の抑制機能なども併せ持つ。
テスト車には、車載カメラ(写真)で前方の他車や障害物をチェックし、自動ブレーキで衝突を回避または被害を軽減できる安全装備「アイサイト」が備わる。0〜100km/hで働く前車追従機能付きクルーズコントロールや、ペダルの誤作動による急発進の抑制機能なども併せ持つ。
(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます)
(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィアウトバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・フォレスター2.0XT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.11 試乗記 安全装備の強化や運動性能の向上、快適性の改善など、スバルのミドルサイズSUV「フォレスター」が大幅な改良を受けた。進化を遂げた現行モデルの実力を、280psを発生する直噴ターボエンジンを搭載した最上級グレード「2.0XT EyeSight」で確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • 「スバルAWDオールラインナップ雪上試乗会」の会場から 2016.2.15 画像・写真 2016年2月上旬、北海道千歳市にある新千歳モーターランドを拠点に、報道関係者向けの「スバルAWDオールラインナップ雪上試乗会」が開催された。会場に並んだ、さまざまなスバル車の走りと技術的ハイライトを、写真とともにリポートする。
  • スバル・フォレスターS-Limited/フォレスター2.0i-L EyeSight/フォレスター2.0XT EyeSight【試乗記】 2015.10.22 試乗記 スバルの屋台骨を支えるミドルサイズSUV「フォレスター」が、デビューから3年を経てマイナーチェンジを受けた。安全装備の強化や内外装の変更、シャシー性能の向上など、全方位的に改良されたという同車の実力を、テストコースで試す。
ホームへ戻る