メルセデス、CL550にアイドリングストップ採用

2011.07.22 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ、「CL550ブルーエフィシェンシー」にアイドリングストップ機能を採用

メルセデス・ベンツ日本は2011年7月22日、「メルセデス・ベンツCL550ブルーエフィシェンシー」にアイドリングストップ「ECOスタートストップ機能」を追加し、発売した。

2010年11月8日にフェイスリフトと共に新エンジンの採用などマイナーチェンジを受けた、現行「メルセデス・ベンツCLクラス」。そのベーシックグレード「CL550ブルーエフィシェンシー」は、新型の4.7リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、先代「CL550」(5.5リッターV8を搭載)比で約3割燃費を改善していたモデル。
同車に今回、アイドリングストップ機能たる「ECOスタートストップ機能」が新たに採用された。これにより燃費はさらに約15%向上、CO2排出量は約13%低減した。

新機能が加わった「CL550ブルーエフィシェンシー」の価格は1630万円で、従来型から据え置きとされた。なお、CLクラスの他グレードに変更はない。

(webCG 本諏訪)

「メルセデス・ベンツCLクラス」
「メルセデス・ベンツCLクラス」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
ホームへ戻る