メルセデス、CL550にアイドリングストップ採用

2011.07.22 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ、「CL550ブルーエフィシェンシー」にアイドリングストップ機能を採用

メルセデス・ベンツ日本は2011年7月22日、「メルセデス・ベンツCL550ブルーエフィシェンシー」にアイドリングストップ「ECOスタートストップ機能」を追加し、発売した。

2010年11月8日にフェイスリフトと共に新エンジンの採用などマイナーチェンジを受けた、現行「メルセデス・ベンツCLクラス」。そのベーシックグレード「CL550ブルーエフィシェンシー」は、新型の4.7リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、先代「CL550」(5.5リッターV8を搭載)比で約3割燃費を改善していたモデル。
同車に今回、アイドリングストップ機能たる「ECOスタートストップ機能」が新たに採用された。これにより燃費はさらに約15%向上、CO2排出量は約13%低減した。

新機能が加わった「CL550ブルーエフィシェンシー」の価格は1630万円で、従来型から据え置きとされた。なお、CLクラスの他グレードに変更はない。

(webCG 本諏訪)

「メルセデス・ベンツCLクラス」
メルセデスCL550がアイドリングストップ採用

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 新型「Eクラス」初のAMGモデルが日本上陸 2016.10.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年10月6日、新型「Eクラス」のモデルラインナップに「メルセデスAMG E43 4MATIC」を追加設定し、注文受け付けを開始した。新型Eクラスとしては初のAMGモデルとなる。3リッターV6直噴ツインターボエンジンは、最高出力401ps、最大トルク53.0kgmを発生する。
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG C63 Sクーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.8.10 試乗記 500psオーバーの高出力を誇る、高性能クーペ「メルセデスAMG C63 Sクーペ」に試乗。高速道路やワインディングロードを走らせてみると、速さだけではない、このハイパフォーマンスカーならではの魅力が見えてきた。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • メルセデスAMG GT S(FR/7AT)【試乗記】 2015.8.6 試乗記 メルセデスのスポーツモデルの最高峰「メルセデスAMG GT」に試乗した。4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、アルミの骨格を持つGTの真骨頂は「軽さ」。足どりも軽やかな“ライトウェイトスーパーカー”に仕上がっていた。
ホームへ戻る