メルセデス、CL550にアイドリングストップ採用

2011.07.22 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ、「CL550ブルーエフィシェンシー」にアイドリングストップ機能を採用

メルセデス・ベンツ日本は2011年7月22日、「メルセデス・ベンツCL550ブルーエフィシェンシー」にアイドリングストップ「ECOスタートストップ機能」を追加し、発売した。

2010年11月8日にフェイスリフトと共に新エンジンの採用などマイナーチェンジを受けた、現行「メルセデス・ベンツCLクラス」。そのベーシックグレード「CL550ブルーエフィシェンシー」は、新型の4.7リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、先代「CL550」(5.5リッターV8を搭載)比で約3割燃費を改善していたモデル。
同車に今回、アイドリングストップ機能たる「ECOスタートストップ機能」が新たに採用された。これにより燃費はさらに約15%向上、CO2排出量は約13%低減した。

新機能が加わった「CL550ブルーエフィシェンシー」の価格は1630万円で、従来型から据え置きとされた。なお、CLクラスの他グレードに変更はない。

(webCG 本諏訪)

「メルセデス・ベンツCLクラス」
「メルセデス・ベンツCLクラス」

関連キーワード:
CLクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • マクラーレン570Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.2.7 試乗記 マクラーレンのエントリーレンジを担う「スポーツシリーズ」に、第4のモデル「570Sスパイダー」が登場。570psのV8ツインターボと開放的なオープンボディーが織り成す走りに加え、単なるエントリーモデルにはとどまらない走りの魅力をリポートする。
  • トヨタ・アルファード ハイブリッド/ヴェルファイア【試乗記】 2018.2.6 試乗記 マイナーチェンジが施された、トヨタの高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」に試乗。デザインのみならず、エンジンやシャシーにまで手が加えられたその仕上がりは、圧倒的な商品力のさらなる強化を実感させるものだった。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
ホームへ戻る