第203回:推進します! 「パンダ」の保護活動

2011.07.22 エッセイ

第203回:推進します! 「パンダ」の保護活動!?

初期型「パンダ」発見!

フランス西部で行われた、とある自動車イベントでのことである。草原の仮設駐車場を歩いていると、フランス車たちに紛れて、1台の赤いクルマが置かれていた。初代「フィアット・パンダ」だ。それもジウジアーロによるデザインがもっともよく反映された前期型である。日頃ブガッティやベントレーを目撃しても動じないボクであるが、久しぶりに目にしたそのパンダに関しては、持ち主が羨ましくなった。しかしイベント会場に向かわなければならなかったボクは、後ろ髪を引かれながら、その場を後にした。

数時間後イベントがお開きとなって駐車場に戻ると、例のパンダの脇に人影があるではないか。思わずボクは駆け寄り、「オ、オーナーですか」と詰め寄ってしまった。ボクの表情は、『西部警察』で容疑者を問い詰める渡哲也級に恐かったに違いない。

しかし、エンリクさんというそのオーナーは「このパンダは1984年型です」と、さっそくにこやかに教えてくれた。
テールゲートのバッジを見ると、「Panda34」と記されている。イタリア国内では見かけないバージョンである。
エンリクさんは「『パンダ34』のエンジンは843ccの4気筒、34馬力で、フランスやドイツ、ベネルクスなどを対象にした輸出専用モデルだったんです」と説明してくれた。

後日調べたところによると、空冷2気筒のエントリーモデル「パンダ30」が国外でパワー不足の烙印を押されてしまったため、パンダ誕生2年後の1982年に「フィアット850」のエンジンを搭載して輸出仕様としたのがパンダ34だったという。

室内をのぞいてこれまた感激した。初代・前期型のアイコンであるハンモック型シートは、コンディションがすこぶる良い。面白いのは、後付けの側面衝突対策のサイドインパクトバーが旧オーナー時代に装着されていることだ。リアウィンドウにはそれを示すステッカーが、もはや退色しているものの誇らしげに貼られている。たしかに側面衝突に対して少々頼りないパンダではあるが、こんなアイテムの後付けが存在したとは驚きである。

1984年型「フィアット・パンダ34」と、リヨン郊外在住のエンリク・リティーエさん。
1984年型「フィアット・パンダ34」と、リヨン郊外在住のエンリク・リティーエさん。
「フィアット・パンダ34」は輸出専用モデルとして存在した。
「フィアット・パンダ34」は輸出専用モデルとして存在した。
ドアロックのキャッチ下の黒いキャップは、サイドインパクトバーが装着されていることの証し。
ドアロックのキャッチ下の黒いキャップは、サイドインパクトバーが装着されていることの証し。
今も残る、後付けサイドインパクトバー装着済のステッカー。
今も残る、後付けサイドインパクトバー装着済のステッカー。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。