BEST BUY 2018 カーナビ | パナソニック ストラーダ「CN-F1XD」

語りかけてくるような大画面 2018.06.30 Gear Up! 2018 Summer

多くのクルマに夢を与えた

大画面ナビを付けたいけれど、自分のクルマには2DINスペースしかないからなあと諦めていたあなた。もうそんなことで大画面を諦める必要はない。パナソニックのCN-F1XDが不可能と思われてきた難問を解消してくれたのだ。パナソニックはダッシュボードの外側にディスプレイを配置することで多くの人たちに大画面ナビの楽しさ、見やすさを提供したのである。

手法はこうだ。ナビの心臓部である本体は通常のナビどおり2DIN部分に埋め込み、そこから腕を伸ばしてビッグな9V型大画面を支える。ドライバーから見るとまるで画面が浮いているようにも見える。ディスプレイの位置調整も自由自在。上下のスライドや前後チルトに加えて、左右に15度ずつスイングする機構を備えているのでドライバーに真っすぐ向けることができる。また、助手席側に向ければパッセンジャーに楽な姿勢で映画などを楽しんでもらうことも可能だ。こうした動きは本体から伸びるステーがすべてまかなう。スイング機構を備えながらも振動を抑える独自の技術が重さ0.9kgのディスプレイをしっかりと支持するから、走行中にディスプレイがブレることはほとんどないといってよい。

クルマへの取り付けは2DINスペースを持つ車種なら基本的に装着可能だが、実際にメーカーが確実に装着可能と確認できた車両は330車種以上にのぼる。それ以外のクルマでも、モニターの外形寸法は横240mm、縦141mmだから通常よく使うハザードやエアコン等のスイッチ、あるいは吹き出し口などが隠れてしまわなければ問題ないはずだ。

大画面ではよくある日差しが画面に当たって画面が見にくくなる点に対しても、液晶部分に日差しの影響を受けにくい新構造を採用、低反射フィルムも貼られ、外光の入射を抑える工夫がなされている。

丁寧な道案内も時としてうるさく感じることもある。そんな時は「ガイダンスチューン」で案内度合いを調節すればいい。知らない道ではフル表示に設定して安心走行。
丁寧な道案内も時としてうるさく感じることもある。そんな時は「ガイダンスチューン」で案内度合いを調節すればいい。知らない道ではフル表示に設定して安心走行。拡大
特に首都圏では高速道路の新規開通が多く、新しい出入り口が増えたり、ジャンクションの分岐が複雑化。CN-F1XDの拡大案内図は実際に近い形状で道路を描くので安心して運転できる。
特に首都圏では高速道路の新規開通が多く、新しい出入り口が増えたり、ジャンクションの分岐が複雑化。CN-F1XDの拡大案内図は実際に近い形状で道路を描くので安心して運転できる。拡大
一般道の交差点案内は道路上に黄色の矢印で曲がる方向を案内。わかりにくい場所にある高速道路の入り口もこの案内なら見落とさないだろう。
一般道の交差点案内は道路上に黄色の矢印で曲がる方向を案内。わかりにくい場所にある高速道路の入り口もこの案内なら見落とさないだろう。拡大
(写真左)前後方向にチルトも可能。外光の入射が激しい時は少し手前に倒して対処できる。さらに倒せばCDやブルーレイディスク、地図更新時のSDカードの出し入れも簡単。
(写真右)
右の箱状のものがダッシュに埋め込まれるナビ本体で、そこから間接を持つアームが約900gの9V型ディスプレイを支える。奥行き調整も可能。
(写真左)前後方向にチルトも可能。外光の入射が激しい時は少し手前に倒して対処できる。さらに倒せばCDやブルーレイディスク、地図更新時のSDカードの出し入れも簡単。
	(写真右)
	右の箱状のものがダッシュに埋め込まれるナビ本体で、そこから間接を持つアームが約900gの9V型ディスプレイを支える。奥行き調整も可能。拡大
通常装着のナビより手前にせり出した形で装着されるCNF1XD。ドライバーに近いから手も届きやすく、画面もより大きく感じられる。ディスプレイは上下スライド、前後チルトのほか左右の角度調整にも対応するから、まるでドライバーに話しかけるかのような姿勢も作れる。
オープン価格(実勢価格16万円前後/税込)
通常装着のナビより手前にせり出した形で装着されるCNF1XD。ドライバーに近いから手も届きやすく、画面もより大きく感じられる。ディスプレイは上下スライド、前後チルトのほか左右の角度調整にも対応するから、まるでドライバーに話しかけるかのような姿勢も作れる。
	オープン価格(実勢価格16万円前後/税込)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事