新型アストン、4200万円で150台限定発売

2011.07.21 自動車ニュース

新型アストン「V12ザガート」、4200万円で市販化へ

英アストン・マーティンは、2011年5月に発表したスペシャルモデル「V12ザガート」を2012年に生産開始すると発表した。

「V12ザガート」は、「アストン・マーティンV12ヴァンテージ」をベースに、イタリアのカロッツェリア ザガートのデザインを取り入れたスペシャルモデル。ふたつのこぶをもつルーフ(ダブルバブルルーフ)などからなる、個性あふれるエクステリアを特徴とする。

フロントの6リッターV12エンジンは、517ps/6500rpm、58.1kgm/5750rpmを発生。0-100km/hの加速タイムは4.2秒で、最高速度は305km/hに達する。2011年6月25-26日に開催されたドイツの「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」にも参戦し、完走を果たしている。

アストン・マーティンは今回、その市販バージョンの生産を正式に表明。台数は150台の限定で、価格は税抜き33万ポンド(邦貨にして約4200万円)になるという。トランスミッションは6段のMTのみ。専用となるボディカラーは全4色が用意される。

同社のウルリッヒ・ベッツCEOをして「アストン・マーティン史上、最も貴重な1台」「次の50年を代表する完璧なモデル」と言わしめるこのモデルは、ただいま予約受付中。2012年夏には生産が開始され、順次オーナーの元に届けられる見込みである。

(webCG 関)

「アストン・マーティンV12ザガート」
「アストン・マーティンV12ザガート」
アルミホイールは鍛造の19インチ。「V12ザガート」の専用デザインとなる。
アルミホイールは鍛造の19インチ。「V12ザガート」の専用デザインとなる。

新型アストン、4200万円で150台限定発売の画像

新型アストン、4200万円で150台限定発売の画像
フロントフェンダーに穿たれた、巨大なエアスクープ。ホイールハウスに繋がっている。
フロントフェンダーに穿たれた、巨大なエアスクープ。ホイールハウスに繋がっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V12ヴァンテージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
ホームへ戻る