新型アストン、4200万円で150台限定発売

2011.07.21 自動車ニュース

新型アストン「V12ザガート」、4200万円で市販化へ

英アストン・マーティンは、2011年5月に発表したスペシャルモデル「V12ザガート」を2012年に生産開始すると発表した。

「V12ザガート」は、「アストン・マーティンV12ヴァンテージ」をベースに、イタリアのカロッツェリア ザガートのデザインを取り入れたスペシャルモデル。ふたつのこぶをもつルーフ(ダブルバブルルーフ)などからなる、個性あふれるエクステリアを特徴とする。

フロントの6リッターV12エンジンは、517ps/6500rpm、58.1kgm/5750rpmを発生。0-100km/hの加速タイムは4.2秒で、最高速度は305km/hに達する。2011年6月25-26日に開催されたドイツの「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」にも参戦し、完走を果たしている。

アストン・マーティンは今回、その市販バージョンの生産を正式に表明。台数は150台の限定で、価格は税抜き33万ポンド(邦貨にして約4200万円)になるという。トランスミッションは6段のMTのみ。専用となるボディカラーは全4色が用意される。

同社のウルリッヒ・ベッツCEOをして「アストン・マーティン史上、最も貴重な1台」「次の50年を代表する完璧なモデル」と言わしめるこのモデルは、ただいま予約受付中。2012年夏には生産が開始され、順次オーナーの元に届けられる見込みである。

(webCG 関)

「アストン・マーティンV12ザガート」
「アストン・マーティンV12ザガート」 拡大
アルミホイールは鍛造の19インチ。「V12ザガート」の専用デザインとなる。
アルミホイールは鍛造の19インチ。「V12ザガート」の専用デザインとなる。 拡大

新型アストン、4200万円で150台限定発売の画像 拡大

新型アストン、4200万円で150台限定発売の画像 拡大
フロントフェンダーに穿たれた、巨大なエアスクープ。ホイールハウスに繋がっている。
フロントフェンダーに穿たれた、巨大なエアスクープ。ホイールハウスに繋がっている。 拡大

関連キーワード:
V12ヴァンテージアストンマーティン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ/S560 4MATICロング【試乗記】 2018.3.27 試乗記 話題の新型直列6気筒エンジンを搭載する「メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ」に試乗。20年ぶりに帰ってきた直6は、ISGと48V電気システムという新機軸を得て、懐かしくも新しい仕上がりを誇っていた。
  • ジャガーFタイプ400スポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.28 試乗記 「Fペース」に「Eペース」、さらには発売が待たれる電気自動車の「Iペース」と、いよいよもって充実してきたジャガーのSUVラインナップ。この潮流の中における、ピュアスポーツカー「Fタイプ」の“立ち位置”とは? 2018年限定グレードに試乗した。
  • ベントレー・ベンテイガV8(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.3.23 試乗記 ベントレーのSUV「ベンテイガ」に、ガソリンのV8ターボエンジンを搭載する新型が加わった。W12モデルより軽快でスポーティーさが際立つV8は、同時にラインナップの主力になっていく気配に満ちた、高い完成度を誇っていた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージGT12ロードスター 2016.6.24 画像・写真 英アストンマーティンは2016年6月24日、同社のビスポーク部門である「Q by Aston Martin」が手がけた、オープンのワンオフモデル「ヴァンテージGT12ロードスター」を公開した。そのディテールを、写真で紹介する。
ホームへ戻る