ホンダ、原付二種の新型車「スーパーカブC125」を発表

2018.06.28 自動車ニュース
「ホンダ・スーパーカブC125」
「ホンダ・スーパーカブC125」拡大

本田技研工業は2018年6月28日、第二種原動機付自転車の「スーパーカブ C125」を同年9月14日に発売すると発表した。

 
ホンダ、原付二種の新型車「スーパーカブC125」を発表の画像拡大
 
ホンダ、原付二種の新型車「スーパーカブC125」を発表の画像拡大
 
ホンダ、原付二種の新型車「スーパーカブC125」を発表の画像拡大
 
ホンダ、原付二種の新型車「スーパーカブC125」を発表の画像拡大
 
ホンダ、原付二種の新型車「スーパーカブC125」を発表の画像拡大
 
ホンダ、原付二種の新型車「スーパーカブC125」を発表の画像拡大

より上質なディテールと124ccのエンジンが特徴

スーパーカブ C125は、扱いやすく燃費に優れた124ccの空冷4ストローク単気筒OHCエンジン(最高出力9.7ps/最大トルク10Nm)を搭載した、スーパーカブシリーズの新製品である。

レッグシールドからリアフェンダーにつながる滑らかな曲面で構成されたフォルムや、初代モデル「スーパーカブC100」をモチーフにした“鳥が羽を広げたようなハンドル形状”などにより、全体的にはひと目でスーパーカブだとわかるスタイリングとしつつ、ハンドル部からフロントフォークまでを一体とした「ユニットステア」を採用したり、クロームメッキパーツを配したメーターや、切削加工仕上げの専用アルミキャストホイールを用いたりするなどして、より上品で高級感のあるイメージを付与している。

ボディーについては「スーパーカブ110」をベースに、ヘッドパイプまわりの構成部品やエンジンハンガーの剛性を高めることで、125ccクラスの動力性能に対応した安心感のあるハンドリングを実現。前後サスペンションのストローク量を最適化したり、ハンドルマウントやシートマウント、ステップ踏面にラバーを採用して振動を低減させたりすることで、快適性も向上させている。

またエンジンに関しては、プライマリーギアをヘリカルギアとしたほか、より精度の高いクランクジャーナルベアリングを採用することで静粛性を改善。トランスミッションについても、クラッチダンパーラバー素材を見直すなどしてより質感の高いスムーズな変速フィーリングを実現している。

装備も充実しており、ポケットなどに携帯しておくだけでメインスイッチノブの解錠・施錠を可能とするHonda SMART Key システムや、省エネルギー・超寿命のLED式ヘッドライト/テールランプ/ウインカー、アナログ表示とデジタル表示を組み合わせた、クラシカルなデザインのメーター、2人乗りに対応するタンデムステップなどが用いられている。

ボディーカラーは「パールニルタバブルー」の1色のみ。価格は39万9600円。

(webCG)
 

関連キーワード:
スーパーカブホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ、原付二種の新型車「スーパーカブC125」を発表 2018.6.28 自動車ニュース ホンダが新型の原付二種モデル「スーパーカブC125」を発表。124ccのエンジンを搭載したスーパーカブシリーズの新モデルで、メッキ装飾や切削加工仕上げのホイールなどを用いた上質なデザインや、スマートキーをはじめとした充実した装備も特徴となっている。
  • ホンダCB1000R(MR/6MT)【レビュー】 2018.5.31 試乗記 スーパースポーツの心臓を持つ、走りのネイキッドモデル「ホンダCB1000R」。軽快なボディーと145psのエンジンが織り成す走りは見事だったが、リポーターはこのバイクに太鼓判を押さなかった。ホンダ最新の「ネオスポーツカフェ」に欠けていたものとは?
  • スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】 2018.7.5 試乗記 実に20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、4代目となる新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。ラダーフレーム、副変速機、パートタイム4WDという“伝統”をつらぬいた新型に込めた思いを、チーフエンジニアが語った。
  • ヤマハMT-07 ABS(MR/6MT)【レビュー】 2018.6.23 試乗記 「スポーティ&ファンライド」をキャッチコピーに掲げ、ジムカーナでも活躍を見せるヤマハのロードスポーツモデル「MT-07」。高い運動性能と、誰もが気持ちよいライディングを楽しめるドライバビリティーを身上とした一台に触れ、リポーターが感じたこととは?
  • スズキ、新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の情報を先行公開 2018.6.18 自動車ニュース スズキが、7月に発表される4代目となる新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の一部情報を先行公開した。先祖返りしたようなクロスカントリー車然としたデザインが特徴で、中身もラダーフレームやパートタイム4WDといったメカニズムは踏襲されている。
ホームへ戻る