【スペック】全長×全幅×全高=3900×1695×1475mm/ホイールベース=2490mm/車重=1010kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ(84ps/5400rpm、11.4kgm/4000rpm)/価格=140万円(テスト車=150万円/SKYACTIVパッケージ1=5万円、SKYACTIVパッケージ2=5万円)

マツダ・デミオ 13-SKYACTIV(FF/CVT)【試乗記】

小さな大型新人 2011.07.21 試乗記 マツダ・デミオ 13-SKYACTIV(FF/CVT)
……150万円

「マツダ・デミオ」ファミリーに、30.0km/リッターの燃費をうたう新グレード「13-SKYACTIV」が登場。肝心の走りや乗り心地を、峠道でチェックしてみた。

あの手この手で3割増し

燃費に特化した仕様なのだから、走りはまあ、それなりだろう――失礼ながら、「デミオ 13-SKYACTIV(スカイアクティブ)」の試乗会に参加するにあたって、そういう気持ちがまったくなかったと言えばウソになる。しかし、その読みは大きく外れた。もちろんいい方向に、だ。ZOOM-ZOOMのマツダだけあって、その走りはかなりイキが良かった。しかも従来のデミオと比べて、いちだんと上質なフィーリングさえ備わっていた。単なる車種追加ではくくることができない、大型新人の登場だ。

走り出す前にもう一度確認しておくと、「スカイアクティブ」とは車両の性能を総合的に高める、マツダの次世代技術の総称である。このコンセプトは今後、エンジンだけでなく、トランスミッション、ボディ、シャシーなど、クルマのさまざまな構成要素に浸透していく予定だが、今回のデミオには、まずは「スカイアクティブG 1.3」と呼ばれる1.3リッターのガソリンエンジンだけが投入された。10・15モード燃費で30.0km/リッター(JC08モードで25.0km/リッター)というクラストップの低燃費が話題になっている。

この卓越した燃費性能を実現したキモは、14.0という非常に高い圧縮比にある。ガソリンエンジンでは圧縮比を高めていくと、理論的には燃費を向上させることができる。しかしその一方でノッキングが発生しやすくなり、出力低下を招きやすい欠点もある。そこで多孔式のインジェクターや、頭頂部にくぼみ(キャビティ)を設けた耐ノック性向上ピストンを使って安定した燃焼を目指し、同時に排出ガスの一部を冷却して燃焼室に戻すクールドEGRの採用によって、トルクの低下を防いでいる。

30.0km/リッターという燃費は、「デミオ 13C-V」(23km/リッター)と比べると実に30%の改善に当たる。その内訳は、エンジンまわりで24%、トランスミッション(CVT)で2%、空力の改善やLEDストップランプの採用など車体まわりで4%稼いでいるとのことだ。アイドリングストップのi-stopももちろん搭載されており、なんとこれだけで16%程度の改善が見込めるというのだからすごいものだ。

燃費に優れる「マツダ・デミオ」の新グレード、「13-SKYACTIV」。2011年6月に実施されたシリーズ全体のマイナーチェンジと同時に、新たに追加された。
燃費に優れる「マツダ・デミオ」の新グレード、「13-SKYACTIV」。2011年6月に実施されたシリーズ全体のマイナーチェンジと同時に、新たに追加された。
30km/リッター(10・15モード値)のキーとなる、「スカイアクティブG 1.3」ユニット。専用の青いエンジンカバーが、特別なエンジンの目印だ。
30km/リッター(10・15モード値)のキーとなる、「スカイアクティブG 1.3」ユニット。専用の青いエンジンカバーが、特別なエンジンの目印だ。
運転席まわりの様子。マイナーチェンジで、エアコン吹き出し口やシフトレバーの装飾、メーターの色などが変更された。「13-SKYACTIV」ではさらに、メーターのデザインが専用となる。写真のカーナビゲーションシステムは、21万5000円のディーラーオプション。
運転席まわりの様子。マイナーチェンジで、エアコン吹き出し口やシフトレバーの装飾、メーターの色などが変更された。「13-SKYACTIV」ではさらに、メーターのデザインが専用となる。写真のカーナビゲーションシステムは、21万5000円のディーラーオプション。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デミオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る