日産、米国でEV「リーフ」の販売地域を拡大

2011.07.20 自動車ニュース

日産、米国で電気自動車「リーフ」の販売地域を拡大

日産自動車の米国法人 日産ノースアメリカは2011年7月19日、米国における「リーフ」の販売地域を拡大すると発表した。また、あわせて2012年モデルの概要を公表した。

■アメリカ北東部や中西部でも販売

米国における「日産リーフ」の販売地域が拡大する。日産は 2012年までに全米で販売することを目標に、これまでカリフォルニア州やアリゾナ州、オレゴン州、ワシントン州(シアトル市など一部の都市)、テネシー州などの地域で約4000台のリーフを販売してきた。

そして今回、2011年7月25日からはアラバマ州、フロリダ州、ジョージア州、イリノイ州、メリーランド州、ミシシッピ州、ノースカロライナ州、サウスカロライナ州、バージニア州、ワシントンD.C.で一般向けの販売を開始、8月4日からはさらに、アリゾナ州、カリフォルニア州、ハワイ州、オレゴン州、テネシー州、テキサス州、ワシントン州でも受注を開始することを明らかにした。

また今後投入される車両(2012年モデル)には、これまでの顧客からの声が反映され、30分で約80%までバッテリーの充電が可能な急速充電が上級グレード「SL」に、寒冷地仕様(バッテリーヒーター、ヒーテッドステアリングホイール、前後席用シートヒーター)は全車に標準装備される。

装備変更とともに価格も改定され、2012年モデルの米国での車両価格は、標準グレード「SV」が3万5200ドル(約278万円)、上級グレード「SL」は3万7250ドル(約294万円)。 「SV」で約7.4%、「SL」で約10.5%の値上げとなった。

(webCG 曽宮)

「日産リーフ」(北米仕様)
「日産リーフ」(北米仕様)

日産、米国でEV「リーフ」の販売地域を拡大の画像

日産、米国でEV「リーフ」の販売地域を拡大の画像

日産、米国でEV「リーフ」の販売地域を拡大の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

リーフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産リーフ G(FF)【試乗記】 2013.1.9 試乗記 日産リーフ G(FF)
    ……417万5850円

    発売から2年、電気自動車の代名詞となった「日産リーフ」がマイナーチェンジを受けた。新型の見どころは、航続距離の延長や利便性を向上させたところ。その仕上がり具合をチェックする。
  • 日産の新型電気自動車「リーフ」 2009.8.2 画像・写真 2009年8月2日に公開された、日産の新型電気自動車「リーフ」を写真で紹介する。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 日産、「リーフ」の累計20万台記念特別仕様車を発売 2016.10.4 自動車ニュース 日産自動車は2016年10月3日、「日産リーフ」の世界累計販売20万台達成を記念し、同車に特別仕様車「thanks edition(サンクスエディション)」を設定。同日、販売を開始した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る