日産、米国でEV「リーフ」の販売地域を拡大

2011.07.20 自動車ニュース

日産、米国で電気自動車「リーフ」の販売地域を拡大

日産自動車の米国法人 日産ノースアメリカは2011年7月19日、米国における「リーフ」の販売地域を拡大すると発表した。また、あわせて2012年モデルの概要を公表した。

■アメリカ北東部や中西部でも販売

米国における「日産リーフ」の販売地域が拡大する。日産は 2012年までに全米で販売することを目標に、これまでカリフォルニア州やアリゾナ州、オレゴン州、ワシントン州(シアトル市など一部の都市)、テネシー州などの地域で約4000台のリーフを販売してきた。

そして今回、2011年7月25日からはアラバマ州、フロリダ州、ジョージア州、イリノイ州、メリーランド州、ミシシッピ州、ノースカロライナ州、サウスカロライナ州、バージニア州、ワシントンD.C.で一般向けの販売を開始、8月4日からはさらに、アリゾナ州、カリフォルニア州、ハワイ州、オレゴン州、テネシー州、テキサス州、ワシントン州でも受注を開始することを明らかにした。

また今後投入される車両(2012年モデル)には、これまでの顧客からの声が反映され、30分で約80%までバッテリーの充電が可能な急速充電が上級グレード「SL」に、寒冷地仕様(バッテリーヒーター、ヒーテッドステアリングホイール、前後席用シートヒーター)は全車に標準装備される。

装備変更とともに価格も改定され、2012年モデルの米国での車両価格は、標準グレード「SV」が3万5200ドル(約278万円)、上級グレード「SL」は3万7250ドル(約294万円)。 「SV」で約7.4%、「SL」で約10.5%の値上げとなった。

(webCG 曽宮)

「日産リーフ」(北米仕様)
「日産リーフ」(北米仕様)

日産、米国でEV「リーフ」の販売地域を拡大の画像

日産、米国でEV「リーフ」の販売地域を拡大の画像

日産、米国でEV「リーフ」の販売地域を拡大の画像

関連キーワード:
リーフ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.11.28 試乗記 2010年の登場以来、電気自動車(EV)普及の立役者として販売されてきた「日産リーフ」。7年ぶりのフルモデルチェンジで登場した新型は、従来型よりも未来感覚あふれる走りと、意外なほどの快適性や静粛性を味わわせてくれた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)/ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.20 試乗記 フィアットが50億ユーロを投資して復活させたアルファ・ロメオ。その第1弾である「ジュリア」の走りには、われわれがアルファと聞いて想像するものが確かにあった。これは実に見事な復活劇だ! 4WDの「ヴェローチェ」と、FRの「スーパー」に試乗した。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.12.6 試乗記
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記