【スペック】全長×全幅×全高=4295×1770×1615mm/ホイールベース=2670mm/車重=1380kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(139ps/6000rpm、17.5kgm/4200rpm)/価格=242万8650円(テスト車=273万3150円/RAYS製17インチ専用アルミホイール=9万4500円/本革シート=21万円)

三菱RVRローデストG(FF/CVT)【試乗記】

愛玩乗物 2011.07.20 試乗記 三菱RVRローデストG(FF/CVT)
……273万3150円

三菱のドレスアップ仕様「ローデスト」が「RVR」シリーズに登場。装備充実の上級グレード「G」に試乗した。

見た目勝負のスペシャルモデル

三菱自動車のコンパクトSUVたる「RVR」に「ローデスト」という高価格なモデルが追加された。オプション部品を標準装備して、主に外観を着飾ったスペシャルモデルである。
ノーマルモデルとの違いは、以下のようになる。「ROADEST」のエンブレムを付加したフロントのグリルとバンパーは専用デザインに。その両端にはLEDのデイタイムランニングライトを装備。サイドのベルトラインとドアハンドルにはメッキが光り輝く。リアバンパーも専用品となり、排気パイプの周辺にはヒートプロテクターを装備。さらに、ハッチゲートにも「ROADEST」のエンブレムが与えられる。
室内では、サイドシルに専用のスカッフプレートが貼られ、センターコンソールやシフトパネルはピアノブラックのものに。エアコンのダイヤルなどには、クロームのリングがつく。
またローデスト専用のメーカーオプションとして、RAYS製の17インチ専用アルミホイールが設定される。ボディカラーはチタニウムグレーメタリックとブラックマイカ、ホワイトパールの3色のみの設定だ。

いっぽう基本的な“中身”のほうはといえば、エンジンは1.8リッターのDOHC直列4気筒で、139psと17.5mkgのパワー/トルク値は変更なし。カタログ上の重量増加はないが、テスト車はオプション装備の追加で20kgほど重い1380kgとなっている。価格はエントリーグレード「M」のFF車で223万6500円。今回テストした上級グレード「G」のFF車で242万8650円。4WD車はさらに26万2500円高くなる。

インパネは、センターパネルのブラック塗装やエアコンダイヤルにクロームメッキ加飾が施される。装備されるナビゲーションは、ディーラーオプション(三菱7型AV一体型HDDナビゲーション)となる。
インパネは、センターパネルのブラック塗装やエアコンダイヤルにクロームメッキ加飾が施される。装備されるナビゲーションは、ディーラーオプション(三菱7型AV一体型HDDナビゲーション)となる。
グリル一体型のフロントエアロバンパーやフロントフォグランプ、LEDデイライトなどの装備により、ベースモデルより力強い印象に。
グリル一体型のフロントエアロバンパーやフロントフォグランプ、LEDデイライトなどの装備により、ベースモデルより力強い印象に。
ローデスト専用オプションとなるRAYS製17インチアルミホイール。
ローデスト専用オプションとなるRAYS製17インチアルミホイール。
関連記事 ホームへ戻る