第123回:webCGプリウス、ついに「AAAの世界」へ

2011.07.20 エッセイ

第123回:webCGプリウス、ついに「AAAの世界」へ

選ばれたタイヤは……

取材の足として日々活躍中の「webCGプリウス」も、導入から早2年。マイレージは3万7000kmを超え、新車装着されていたタイヤ「トーヨー・プロクセスR30」は、かなりへたってしまったようだ。
そして前回同様、webCGこんどーからの「ウエット時の発進で、よくスリップする」というコメントをきっかけに、今回めでたく(?)タイヤ交換とあいなった。

なにを装着するか?
新しいタイヤを選ぶにあたっては「転がり抵抗の低さ」、つまり燃費はぜひ気にしたいところである。せっかくプリウスに乗っているのだから。また純正装着の「プロクセスR30」が静粛性の面で多少不満があったこともあり、「静かなタイヤ」という要素も軽視できない。
そういう視点で編集部が選んだのは、横浜ゴムの「ブルーアースワンAAAspec」(以下、ブルーアースワン)だった。先代「webCGプリウス」で「DNAアースワン」を装着し、燃費が2割ほど向上した実績にも後押しされ、答えを出すのにそう時間はかからなかった。

そうと決まれば早いほうがいい。
前回も作業をお願いした「タイヤガーデン城南」に向かい、さっそくタイヤ交換をお願いする。

約2年で3万7000kmを後にした「トーヨー・プロクセスR30」。スリップサインこそ出ていないものの、トレッドパターンが消えてしまっているところもちらほら。特にフロントタイヤは、ショルダー部の摩耗が激しい。
第123回:webCGプリウスはついに「AAAの世界」へ
「タイヤガーデン 城南」
東京都目黒区中町 1-7-6
TEL:03-3714-7134
定休日:日曜日・祝日
第123回:webCGプリウスはついに「AAAの世界」へ

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ