ダイハツ、低燃費技術「e:Sテクノロジー」を開発

2011.07.19 自動車ニュース
ダイハツ、低燃費技術「e:Sテクノロジー」を開発

ダイハツ、30km/リッターを実現する「e:Sテクノロジー」を開発

ダイハツ工業は2011年7月19日、低燃費技術「e:Sテクノロジー(Energy Saving Technology)」を開発したと発表した。

2009年の東京モーターショーに出展された「e:S(イース)」。
ダイハツ、低燃費技術「e:Sテクノロジー」を開発

「e:Sテクノロジー」は、ダイハツがこれからの「低燃費」「低価格」「省資源」なクルマづくりの核になるとする新技術の総称だ。
エンジン、トランスミッション、ボディ構造などの既存技術に対して、あらゆる面から徹底的なブレークスルーを行うことで、エネルギー効率を最大化。同社の軽乗用車「ミラ」(FF/CVT車)に比べ、約40%の燃費向上を実現したという。

具体的に提示される燃費値は、JC08モードで30km/リッター。この技術は、2011年9月に発売予定の新型軽乗用車に投入され、80万円を切る価格設定でリリースされる予定だ。

なお、技術的なポイントとしては、「圧縮比の向上(10.8→11.3)」「イオン電流燃焼制御をEGR制御に応用したこと」「メカニカルロスの極限までの低減」「動力伝達効率をさらに向上したCVT」、さらに「(前出ミラ比)約60kgの軽量化」や、「停車前アイドリングストップ機能の採用」などが挙げられている。

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。