第514回:POTENZAの新フラッグシップタイヤに試乗
優れたグリップ性能と快適性の“バランスの妙”に触れた

2018.07.12 エディターから一言
「POTENZA S007A」を履いてドライ性能と快適性をテストする「ジャガーXE」。
「POTENZA S007A」を履いてドライ性能と快適性をテストする「ジャガーXE」。拡大

ブリヂストンのスポーツタイヤブランド「POTENZA」から、新たなフラッグシップタイヤ「S007A」が登場。高いドライ性能だけでなく、ウエット性能と快適性にも配慮したというグローバルモデルの出来栄えを、一般道とテストコースで試した。

2018年6月1日に発表されたブリヂストンの「POTENZA S007A」。多くのハイパフォーマンスカーに純正装着される「POTENZA S001」の後継モデルとなる、プレミアムスポーツタイヤだ。
2018年6月1日に発表されたブリヂストンの「POTENZA S007A」。多くのハイパフォーマンスカーに純正装着される「POTENZA S001」の後継モデルとなる、プレミアムスポーツタイヤだ。拡大
1979年のブランド誕生から40年の歴史を刻んできた「POTENZA」。その名はイタリア語の「力強さ、可能性」という言葉に由来する。
1979年のブランド誕生から40年の歴史を刻んできた「POTENZA」。その名はイタリア語の「力強さ、可能性」という言葉に由来する。拡大
もともとはハイグリップスポーツタイヤとしてスタートしたPOTENZAだが、現在はリアルスポーツの「RE-71R」やカジュアルスポーツの「Adrenalin RE003」など、キャラクターの細分化が行われている。
もともとはハイグリップスポーツタイヤとしてスタートしたPOTENZAだが、現在はリアルスポーツの「RE-71R」やカジュアルスポーツの「Adrenalin RE003」など、キャラクターの細分化が行われている。拡大
今回テストした「S007A」は、従来モデル「S001」よりもドライ性能を向上させるとともに、ウエット性能、コンフォート性能にも配慮したとされる、POTENZAブランドの新たなフラッグシップモデル。
今回テストした「S007A」は、従来モデル「S001」よりもドライ性能を向上させるとともに、ウエット性能、コンフォート性能にも配慮したとされる、POTENZAブランドの新たなフラッグシップモデル。拡大

バランス型プレミアムスポーツタイヤ

低燃費性や、耐摩耗性の高さなど、いわば街乗りシーンでの基本的なポテンシャルに照準を合わせた「ECOPIA(エコピア)」や、昨今増殖が著しいプレミアムSUV市場を意識して開発された「ALENZA(アレンザ)」。さらには、静粛性に富んだ高級タイヤとして認知されて久しい「REGNO(レグノ)」に、“楽に走れる”という新しい価値観を訴求する「Playz(プレイズ)」などなど、キャラクターや対象とする車種によって、微に入り細をうがったワイドなバリエーション展開を誇るブリヂストン。

そんな世界屈指のタイヤメーカーが手がけるスポーツタイヤのブランドが「POTENZA(ポテンザ)」である。まずはドライ舗装路面での高いグリップ力に特化して開発が行われた、このブランド第1号のモデル「RE47」の誕生は1979年のこと。すなわち、間もなく40年という長い歴史の持ち主が、今や世界的にも著名なこのブランドの作品であるわけだ。

そんなPOTENZAの最新モデルが、2018年6月1日に発表、7月1日に発売されたばかりの「S007A(エスゼロゼロセブン)」。従来モデル「S001(エスゼロゼロワン)」の発売が2010年2月だったので、“8年半ぶりのニューモデル”ということになる。

前述のように、そもそもはサーキット走行に焦点を絞り、ハイグリップスポーツタイヤとしてスタートしたのがPOTENZAの起源。しかし現在では、ピュアスポーツカーに装着してのサーキットユースに重きを置いたものや、コンフォート性能なども重視し、高級スポーツカーでの上質なツーリングを意識したもの、さらには、ミニバンや軽自動車への装着で、よりダイミナミックな走りのテイストが気軽に味わえるもの……と、同じブランドの中にあってもキャラクターの細分化が図られている。

そうした中にあって、S007AはS001と同様に、快適性や静粛性、そして転がり抵抗の小ささなどにも配慮をした“バランス型”ともいえるキャラクターが狙いどころ。同時に、S001に対してはドライグリップ力を大幅に引き上げることで、POTENZA元来といえるスポーツ性能をより明確にアピールする姿勢を打ち出しているのが特徴となっている。

あなたにおすすめの記事
新着記事