谷口信輝の新車試乗――BMW M5(前編)

2018.07.12 mobileCG

レーシングドライバー谷口信輝が、歯に衣を着せず本音でクルマを語り尽くす! 今回のお題は600psのハイパワーを誇る「BMW M5」。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用したその走りを、プロはどう評価する?

 
谷口信輝の新車試乗――BMW M5(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――BMW M5(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――BMW M5(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――BMW M5(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――BMW M5(前編)の画像拡大

パワーもトラクションもコーナリングも最高

「ヤバイですよ、このクルマ……」
谷口信輝が開口一番にそう語ったのは、フルモデルチェンジを果たしてそれまでの後輪駆動から4WDへと大変革を遂げた最新のBMW M5について。もちろん、この場合の“ヤバイ”は「最高にいい!」の意味である。

「とにかくエンジンのパワーがものすごい。低回転域からターボらしい分厚いトルクが感じられますが、僕の嫌いなターボラグはないし、トルクの出方がスムーズでいい。あと、音もいいですよね。それも音量があんまり大きすぎないところがいい」

そして4WDの働きにも絶賛の言葉を惜しまなかった。
「トラクションがまたすごいですよね。さっきも言ったとおり、エンジンは低速域からものすごくトルクがあるんですが、それでもクルマはみじんも暴れない。それも直進状態のときだけじゃなくて、ステアリングを少し切っている状態でもまるで乱れることなく、ぎゅーっと発進していけます」

もしも、4WDになる以前のM5で同じことをしたら、どんな状態になったのだろうか?
「おそらく、ホイールスピンをしながらワシャシャシャシャって発進するか、トラクションコントロールの警告灯がピカピカ点滅しっぱなしになるかのどちらかでしょうね。でも、加速力がどっちが上かといえば、もちろん4WDを搭載した新型のほう。600psの大パワーを4つの駆動輪で路面に伝えるから加速Gはものすごいし、しかもクルマはまったく暴れないので、とにかく速いですよ」

もちろん、テールスライドしながら迫力ある走りを楽しみたいと望むファンもいるだろう。そうした人たちのためにBMWは新型M5に2WDモードを用意。このモードでスタビリティーコントロールを切れば、谷口の言う“ワシャシャシャシャ”という発進を楽しめるようにも工夫されているが、意外にもスタビリティー重視で安定志向の谷口は新型M5の4WDを全面的に支持していた。(続く)

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=渡辺 忍)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「http://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
M5セダンBMW

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • メルセデス、機能強化した「Sクラス クーペ/カブリオレ」を発売 2018.6.20 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年6月20日、マイナーチェンジした「Sクラス クーペ」および、そのオープントップモデル「Sクラス カブリオレ」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。
  • ジャガーIペース ファーストエディション/Iペース HSE EV400 AWD【海外試乗記】 2018.7.3 試乗記 “エレクトリック・パフォーマンスSUV”を名乗る、ジャガーのピュアEV「Iペース」にポルトガルで試乗。その走りは、これまで経験してきたEVとはひと味違った、ジャガーならではの素性のよさが感じられるものだった。
  • アストンの新型フラッグシップ「DBSスーパーレッジェーラ」上陸 2018.6.27 自動車ニュース アストンマーティン・ジャパンは2018年6月27日、高性能スポーツカー「DBSスーパーレッジェーラ」の日本導入を発表した。最高出力は725psで0-100km/h加速は3.4秒。ベースとなる「DB11」より大幅なパフォーマンス向上が図られている。
ホームへ戻る