トップ > インプレッション >メルセデス・ベンツE63 AMG/E63 AMGステーションワゴン【海外試乗記】 (2011.7.17)
メルセデス・ベンツE63 AMG/E63 AMGステーションワゴン【海外試乗記】
【スペック】E63 AMG(AMGパフォーマンスパッケージ付き):全長×全幅×全高=4883×2100×1440mm(サイドミラー含む)/ホイールベース=2874mm/車重=1840kg/駆動方式=FR/5.5リッターV8DOHC32バルブターボ(557hp/5250-5750rpm、81.6kgm/2000-4500rpm)(欧州仕様車)

ひとつのお手本

メルセデス・ベンツE63 AMG/E63 AMGステーションワゴン【海外試乗記】

メルセデス・ベンツE63 AMG(FR/7AT)/E63 AMGステーションワゴン(FR/7AT)

メルセデス・ベンツEクラスのトップグレード「E63 AMG」が新エンジンを搭載しリニューアル。南仏の道で、その実力を試した。


メルセデス・ベンツE63 AMG(FR/7AT)【海外試乗記】
排気量を縮小しながらも11%のトルクアップを果たした新エンジン。アイドリングストップ機能(走行モードにより作動、任意でカットオフも可能)が付くなど、環境性能にも配慮される。
メルセデス・ベンツE63 AMG(FR/7AT)【海外試乗記】
ホイールのデザインもリニューアル。フロントフェンダーには「V8 BITURBO(ツインターボ)」のエンブレムが添えられる。
メルセデス・ベンツE63 AMG(FR/7AT)【海外試乗記】

大トルク、さらに増量

最新の5.5リッターV型8気筒「BlueDIRECT」ツインターボエンジンを搭載する「メルセデス・ベンツE63 AMG」がデビューした。これは、AMGが高性能と低燃費の両立を目標に昨年発表した「AMG パフォーマンス2015 モデル戦略」に従ったもので、“M157”と名付けられた同型エンジンを積むAMGは、「S63 AMG」、「CL63 AMG」、「CLS63 AMG」に続いて4モデル目にあたる。

もっとも、同じM157といっても基本となるパフォーマンスには2種類あって、ハイパワーバージョンとなるS63 AMGとCL63 AMGでは最高出力と最大トルクが544ps/5250-5750rpmと81.6kgm/2000-4500rpmになるのに対し、上記2台よりもやや“小ぶり”なCLS63 AMGでは524ps/5250-5750rpmと71.3kgm/1750-5000rpmとなる。
今回発表された資料によると、E63 AMGの最高出力は525hpとなっている。本国ではCLS63 AMGも525hpと表記されているので、両者のパフォーマンスは基本的に同じと見ていい。

なお、CLS63 AMG同様、E63 AMGにもAMGパフォーマンスパッケージがオプションで用意されており、これを装着すると、それぞれ557ps/5250-5750rpmと81.6kgm/2000-4500rpmに跳ね上がる(S63 AMGとCL63 AMGのAMGパフォーマンスパッケージ版は571ps/5500rpmと91.8kgm/2250-3750rpm)。
現行型E63 AMGと比較すると、最高出力はイーブンだが、最大トルクは64.2kgm/5200rpmから実に11%も増強された計算になる。

  • mixi
  • linkedin
  • rss
mobileCGご紹介

週間アクセスランキング (インプレッション)

注目の情報[PR]