独アウディ、「A5」シリーズをマイナーチェンジ

2011.07.15 自動車ニュース
「アウディA5」シリーズ
独アウディ、「A5」シリーズをマイナーチェンジ

独アウディ、「A5」シリーズをマイナーチェンジ

独アウディは2011年7月13日、ミドルクラスのスペシャルティカー「アウディA5」シリーズをマイナーチェンジし、発表した。

アウディA5クーペ
アウディA5クーペ
 
独アウディ、「A5」シリーズをマイナーチェンジの画像
 
独アウディ、「A5」シリーズをマイナーチェンジの画像

■内外装をリフレッシュ

2007年にデビューした「アウディA5」シリーズに、初めての大掛かりな変更が施された。今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザイン変更や、パワートレインの刷新が行われ、仕様も一部変更された。対象となったのは「A5クーペ」「A5スポーツバック」「A5カブリオレ」の全モデルである。

外観上は、ヘッドランプが「A1」や新型「A6」「A8」などの新世代モデルに順次採用されている波形のLEDドライビングライトを内蔵したものに変更された。またシングルフレームグリルのデザインも、上辺の角に丸みを持たせた新世代アウディに共通するものとなった。リアコンビネーションランプも“光のコントラストを強調した”最新式に改められ、バンパーデザインも新しくなった。

内装は、新デザインのステアリングホイールが採用されたほか、ウインカーレバーにクロームラインが追加されるなどディテールの見直しにより、さらなる質感アップが図られた。エアコンやマルチファンクションディスプレイなどの表示はすべて白色のイルミネーションで統一されている。

また「A5スポーツバック」では、これまで左右独立式だったリアシート(乗車定員4名)が、オプションでベンチシート(乗車定員5名)も選べるようになった。

オプション設定となる「S line」は、車高を10mmダウンさせるスポーツサスペンションや18インチアロイホイール、ブラック基調の内装などを採用、さらにシートをツートンカラーにするなどのカスタマイズも可能だ。

アウディA5スポーツバック
アウディA5スポーツバック
アウディA5カブリオレ
アウディA5カブリオレ

■全車アイドリングストップを標準装備

モデルバリエーションは、ガソリンモデルが「1.8 TFSI」(170hp)、「2.0 TFSI」(211hp)、「3.0 TFSI」(272hp)の3タイプ、ディーゼルは「2.0TDI」(177hp)、「3.0TDI」(204hpと245hpの2種)が設定され、後から「ユーロ6」に適合するクリーンディーゼル車の追加も予定されている。

これらのエンジンはすべて直噴式で、スタート&ストップ(アイドリングストップ)機構やエネルギー回生ブレーキなど燃費向上に効くアイテムが標準装備された。新たに採用された車速感応タイプの電動パワーステアリングは、速度に応じてアシスト量が変化するもので、100km走行あたり0.3リッターの燃費改善がみられるという。

燃費は平均して11%ほど向上しているとのこと。ガソリン車でもっとも燃費に優れる「A5クーペ 1.8 TFSI」の値は17.5km/リッター。CO2排出量は134g/kmで、クラストップレベルの環境性能を実現したとうたわれる。

このように内外装のリフレッシュと燃費向上策が講じられたA5シリーズ、ドイツでの価格は、ベーシックグレード「A5クーペ 2.0 TFSI」が3万3350ユーロ(約375万円)からとなっている。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT) 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
ホームへ戻る