ボルボ、「S60」「V60」の2012年モデルを発売

2011.07.15 自動車ニュース
「ボルボV60 DRIVe」
ボルボS60「DRIVe/V60 DRIVe」の燃費を向上

ボルボ、「S60」「V60」の2012年モデルを前倒しで発売

ボルボ・カーズ・ジャパンは、セダン「S60」とワゴン「V60」の2012年モデルを、当初予定の2011年8月末から1カ月半早め、7月15日に発売した。

「ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN」
ボルボS60「DRIVe/V60 DRIVe」の燃費を向上

スタイリッシュなデザインで知られるボルボのニューモデル、「S60」「V60」の2012年モデルが発売された。

ともに、エントリーグレード「DRIVe」に搭載される1.6リッターターボエンジンのエンジンマネージメントが変更され、10・15モードの燃費値は12.6km/リッターから12.8km/リッターへと向上した。

それ以外に装備・仕様の変更はなく、価格も以下のとおり、2011年モデルから据え置きとなっている。

・「S60 DRIVe」:375万円
・「S60 T6 AWD SE」:519万円
・「S60 T6 AWD R-DESIGN」:579万円
・「V60 DRIVe」:395万円
・「V60 T6 AWD SE」:539万円
・「V60 T6 AWD R-DESIGN」:599万円

またボルボは、「S60」「V60」2012年モデルを対象に、歩行者を検知して低速での衝突を回避できる機能(ヒューマンセーフティ)や車線逸脱警告装置、アダプティブクルーズコントロールなどのセットオプション「セーフティパッケージ(通常25万円)」を10万円で提供するキャンペーンもスタートさせる。

(webCG 関)

関連キーワード:
S60ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.2.18 試乗記 これまでの3リッター直6エンジンに代えて、新世代の2リッター直4エンジンが搭載された「ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN」に試乗。ターボとスーパーチャージャーの両方を搭載した新ユニットの実力やいかに? 雪の舞う東京‐新潟の往復ルートで、その走りを試した。
  • ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN/DRIVe【試乗記】 2011.2.15 試乗記 ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/6AT)/DRIVe(FF/6AT)
    ……594万1200円/390万1200円

    スタイリングと安全性能に磨きをかけたという新型「ボルボS60」が日本上陸。その実力を“エコ”と“スポーツ”、ふたつのグレードで確かめた。
  • 「日産リーフ」がフルモデルチェンジ 航続距離は400kmに 2017.9.6 自動車ニュース 日産自動車は2017年9月6日、電気自動車の「リーフ」をフルモデルチェンジした。同年10月2日に発売する。2代目となる新型は、航続距離を大幅に伸ばすとともに、日産のインテリジェントドライビング技術によって、より楽しく快適な運転を実現したのが特徴である。
ホームへ戻る