第202回:苦節2カ月、待ちに待った(泣)「iPad2」がキター!

2011.07.15 エッセイ

第202回:苦節2カ月、待ちに待った(泣)「iPad2」がキター!

「iPad2」購入を決める

それはまだ時折肌寒い日が訪れる4月のことだった。拙著の電子書籍『イタリア式クルマ生活術』が発売されたのを機会に、ボクも自分の本を読むべくタブレット型端末「iPad2」を購入することを決めた。
多くの方がご存じのとおり、iPad2には16、32、64GBの各モデルがある。だが、これまで持っていた「iPhone 3GS」の8GBだって、まったくもって容量を使い切っていない。クルマの18カ月ローンも残っているし、締めてかかったほうがよい。ということで、最安の16GBモデルにした。

あとはWi-Fiモデルか、Wi-Fi+3Gのモデルにするか、である。そこは決めかねたので、店頭で相談することにした。価格はどの店でも同じ、ということで、10年以上お世話になっている市内のチェーン系パソコン専門店で買うことに決め、店頭に赴いた。
スタッフのフランチェスコによれば、「うちの場合、お客さんの注文は、ほとんどが3G付き」という。理由は「イタリアの場合、家はともかく公共の場所でWi-Fiが完備されているところは、まだまだ少ないから」ということらしい。

ということで、ボクもWi-Fi+3G仕様にした。イタリア価格は599ユーロ(20パーセントの付加価値税込み。約6万7000円)である。
なおイタリアではiPhoneもそうだが、いわゆる通信事業者による“縛り”はない。SIMフリーである。したがって、どこの事業者のものでもマイクロSIMを入れれば作動する。プリペイドカードのプランもある。
フランチェスコによれば「注文から納品まで目安は2週間」ということだ。当時アップルの直販サイトに表示されていた所要日数と、ほぼ同じであった。そのパソコンショップの通常の内金は商品価格の10パーセントだが、「それほど厳密でなくていい」というので、ボクは50ユーロを置いていくことにした。
するとフランチェスコは、ボクの差し出したお札を注文書控えにステープラーでガチャン!と留めた。ちなみこの行為は、イタリアではそれほど珍しいことではない。洋服屋さんでジーンズの裾上げを頼んだりすると、同様に店員が連絡用の紙に5ユーロ札をステープラーで留めたりすることがある。

ボクのもとにやってきた「iPad2」。さっそく液晶保護フィルムを貼り付けた。
ボクのもとにやってきた「iPad2」。さっそく液晶保護フィルムを貼り付けた。
内金50ユーロがステープラーで留められた注文書(再現)。
内金50ユーロがステープラーで留められた注文書(再現)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。