「シボレー・カマロ」のオープンモデル登場

2011.07.14 自動車ニュース

「シボレー・カマロ」のオープンモデル登場

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2011年7月14日、「シボレー・カマロ コンバーチブル」を発表した。7月15日に販売を開始する。

2009年12月、日本に導入された「シボレー・カマロ」のラインナップに、4人乗りのコンバーチブルモデルが加わった。

同車は、コンベンショナルなソフトトップを採用。ワンタッチ操作で、約20秒でオープン状態になる。ソフトトップは吸音素材を挟み込んだキャンバス製で、クローズ状態の車内はクーペ同様の高い静粛性を実現したとのこと。さらに、炎天下や降雨など過酷な条件でのテストも行われ、耐久性が高いこともアピールされる。さらにクローズ時のスタイリングにもこだわり、幌のフレームを複合材で作りステッチを改良するなどして、凹凸の少ない流れるようなルーフラインを作り上げたという。

オープン化にともないボディは強化された。ストラットタワーバーやトランスミッションサポート、ドライブシャフトトンネルブレースなどを補強。これにより、サスペンションはクーペモデルと同一のチューニングで仕上げることが可能となり、その結果クーペモデル同様のロードホールディング性や加速性能を実現したという。

今回導入されるのは、3.6リッターV6DOHCエンジン(308ps、37.7kgm)と6段オートマチックを組み合わせた1グレードのみ。クーペモデル同様、レギュラーガソリンを使用できる。

主要装備はクーペの「LT RS」にほぼ準ずるが、サイドエアバッグは「ヘッド&トルソー・フロント サイドエアバッグ」とされ、後席用のものがなくなった。
価格は499万円で、ハンドル位置は左のみ。

(webCG 本諏訪)

シボレー・カマロ コンバーチブル
シボレー・カマロ コンバーチブル
関連記事
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/6AT)【試乗記】 2011.11.10 試乗記 シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/6AT)
    ……505万3000円

    新たな“アメリカン・オープン”「シボレー・カマロ コンバーチブル」で、日本の道をドライブ。その走りは? 乗り心地はどうだった?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • 新型「シボレー・カマロ」の国内受注がスタート 2017.1.12 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年1月12日、同年後半に日本導入を予定している新型「シボレー・カマロ」の先行予約キャンペーンを発表するとともに、各モデルのキャンペーン限定価格を公表した。
  • 「キャデラックATS」にシルバーの特別仕様車が登場 2017.5.18 自動車ニュース 「キャデラックATSセダン」に特別仕様車「シルバームーンライトエディション」が登場。専用ボディーカラーの「シルバームーンライトメタリック」が特徴で、電動スライディングルーフやブラッシュドアルミナムトリムなどが特別装備される。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • AMG設立50周年を記念したスペシャルな「Gクラス」発売 2017.5.10 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年5月10日、「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G63 50th Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」を発表し、50台の台数限定で発売した。価格は2220万円。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
ホームへ戻る