「シボレー・カマロ」のオープンモデル登場

2011.07.14 自動車ニュース

「シボレー・カマロ」のオープンモデル登場

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2011年7月14日、「シボレー・カマロ コンバーチブル」を発表した。7月15日に販売を開始する。

2009年12月、日本に導入された「シボレー・カマロ」のラインナップに、4人乗りのコンバーチブルモデルが加わった。

同車は、コンベンショナルなソフトトップを採用。ワンタッチ操作で、約20秒でオープン状態になる。ソフトトップは吸音素材を挟み込んだキャンバス製で、クローズ状態の車内はクーペ同様の高い静粛性を実現したとのこと。さらに、炎天下や降雨など過酷な条件でのテストも行われ、耐久性が高いこともアピールされる。さらにクローズ時のスタイリングにもこだわり、幌のフレームを複合材で作りステッチを改良するなどして、凹凸の少ない流れるようなルーフラインを作り上げたという。

オープン化にともないボディは強化された。ストラットタワーバーやトランスミッションサポート、ドライブシャフトトンネルブレースなどを補強。これにより、サスペンションはクーペモデルと同一のチューニングで仕上げることが可能となり、その結果クーペモデル同様のロードホールディング性や加速性能を実現したという。

今回導入されるのは、3.6リッターV6DOHCエンジン(308ps、37.7kgm)と6段オートマチックを組み合わせた1グレードのみ。クーペモデル同様、レギュラーガソリンを使用できる。

主要装備はクーペの「LT RS」にほぼ準ずるが、サイドエアバッグは「ヘッド&トルソー・フロント サイドエアバッグ」とされ、後席用のものがなくなった。
価格は499万円で、ハンドル位置は左のみ。

(webCG 本諏訪)

シボレー・カマロ コンバーチブル
シボレー・カマロ コンバーチブル
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/6AT)【試乗記】 2011.11.10 試乗記 シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/6AT)
    ……505万3000円

    新たな“アメリカン・オープン”「シボレー・カマロ コンバーチブル」で、日本の道をドライブ。その走りは? 乗り心地はどうだった?
  • GMジャパン、新型「シボレー・カマロ」を11月に発売 2017.7.6 自動車ニュース GMジャパンが新型「シボレー・カマロ」を11月11日に発売すると発表した。6代目となる新型カマロには新開発のプラットフォームが用いられており、ボディーのコンパクト化、軽量化などにより、従来モデルを上回る俊敏な走りを実現しているという。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.7 試乗記 アウディのラインナップの中で、最もコンパクトなSUVとなる「Q2」。都会の道からワインディングロードまで走らせてみると、ボディーのサイズにとどまらない、このニューモデルならではの存在意義が見えてきた。
  • シボレー・カマロLT RS(FR/6AT)【試乗記】 2010.1.22 試乗記 シボレー・カマロLT RS(FR/6AT)
    ……447万3400円

    アメリカンスポーツの代名詞「カマロ」復活! 鳴り物入りでデビューした新型は、どんなクルマに仕上がったのか? 日本の道で試した。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
ホームへ戻る