「シボレー・カマロ」のオープンモデル登場

2011.07.14 自動車ニュース

「シボレー・カマロ」のオープンモデル登場

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2011年7月14日、「シボレー・カマロ コンバーチブル」を発表した。7月15日に販売を開始する。

2009年12月、日本に導入された「シボレー・カマロ」のラインナップに、4人乗りのコンバーチブルモデルが加わった。

同車は、コンベンショナルなソフトトップを採用。ワンタッチ操作で、約20秒でオープン状態になる。ソフトトップは吸音素材を挟み込んだキャンバス製で、クローズ状態の車内はクーペ同様の高い静粛性を実現したとのこと。さらに、炎天下や降雨など過酷な条件でのテストも行われ、耐久性が高いこともアピールされる。さらにクローズ時のスタイリングにもこだわり、幌のフレームを複合材で作りステッチを改良するなどして、凹凸の少ない流れるようなルーフラインを作り上げたという。

オープン化にともないボディは強化された。ストラットタワーバーやトランスミッションサポート、ドライブシャフトトンネルブレースなどを補強。これにより、サスペンションはクーペモデルと同一のチューニングで仕上げることが可能となり、その結果クーペモデル同様のロードホールディング性や加速性能を実現したという。

今回導入されるのは、3.6リッターV6DOHCエンジン(308ps、37.7kgm)と6段オートマチックを組み合わせた1グレードのみ。クーペモデル同様、レギュラーガソリンを使用できる。

主要装備はクーペの「LT RS」にほぼ準ずるが、サイドエアバッグは「ヘッド&トルソー・フロント サイドエアバッグ」とされ、後席用のものがなくなった。
価格は499万円で、ハンドル位置は左のみ。

(webCG 本諏訪)

シボレー・カマロ コンバーチブル
シボレー・カマロ コンバーチブル

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カマロ コンバーチブルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る