ホンダ、家庭内の発電・発熱事業を推進

2011.07.13 自動車ニュース
会見に臨む、ホンダの汎用事業本部本部長 山田琢二氏。後ろに見えるロゴは、同社の新しいグローバル環境スローガン「BLUE SKIES FOR OUR CHILDREN」。
ホンダ、家庭内の発電・発熱事業を推進

ホンダ、家庭内の発電・発熱事業を推進

本田技研工業は2011年7月13日、家庭の消費エネルギーを各家庭内でつくるための汎用製品事業「Honda Power Generation(ホンダ・パワー・ジェネレーション)」への取り組みについて、説明会を開催した。

家庭用熱電供給システム「エコウィル」の発電ユニット(写真はスケルトンモデル)。銀色の塊がホンダ製エンジンだ。
家庭用熱電供給システム「エコウィル」の発電ユニット(写真はスケルトンモデル)。銀色の塊がホンダ製エンジンだ。
新型エンジンのカットモデル。吸気時と膨張時でピストンのストローク量が異なる。
新型エンジンのカットモデル。吸気時と膨張時でピストンのストローク量が異なる。

■未来を担う小さなエンジン

「ホンダが、より高効率な新型エンジンを開発した」。
クルマ好きにとって大変興味深いニュースのようだが、今回の話題は、クルマやオートバイではなく、一戸建て住宅で使われる汎用エンジンの話である。

住宅用のエンジンとは何なのか? 実はホンダ、大手都市ガス会社とタッグを組んで、2003年からコージェネレーションシステム「エコウィル」の開発・普及に力を入れている。
コージェネレーションシステム(以下、略してコージェネ)とは、給湯や料理に使うのと同じ天然ガスを燃料に、家庭内で小型エンジンを回して自家発電を行い、同時に、排熱で沸かした湯を給湯タンクに貯め置くという“熱電併給”システム。その核となるエンジンがホンダ製なのである。

このたび発表された163cc単気筒の新エンジンはその第三世代となるもので、クランク部に複数のリンクを持つのが特徴。ピストンのストローク量は吸気行程と膨張行程で異なり(吸気<排気)、燃焼効率の向上が図られている。
あわせて、オルタネーターや排気熱交換器などにも改良が加えられ、エネルギー利用率(燃料がどれだけ熱や電力に置換されたかを示す値)は、2006年に発売された先代モデルの85.5%から92%へと大きく向上した。

ちなみに、火力発電のみに頼る従来型の電力供給では、エネルギー効率は40%。「コージェネを使えば、CO2排出量を39%削減できる」というのも、低炭素社会を見据えたホンダやガス会社のアピールポイントである。

会場には、(写真右から)給湯ユニット、発電ユニットなど「ホンダ・スマート・ホーム・システム」を構成するアイテムが勢ぞろい。ユーザーは、一番左(室内)に見えるモニターでエネルギーの使用状況を確認できる。各ユニットのサイズは小さくなる傾向にあり、狭小住宅への設置対応も進められる。
会場には、(写真右から)給湯ユニット、発電ユニットなど「ホンダ・スマート・ホーム・システム」を構成するアイテムが勢ぞろい。ユーザーは、一番左(室内)に見えるモニターでエネルギーの使用状況を確認できる。各ユニットのサイズは小さくなる傾向にあり、狭小住宅への設置対応も進められる。
モニターのアップ。下段に見られるとおり、将来的にはEVも家庭の“道具”兼“充電池”としてシステムの一部に加わることになる。
モニターのアップ。下段に見られるとおり、将来的にはEVも家庭の“道具”兼“充電池”としてシステムの一部に加わることになる。
こちらはイラストによる「ホンダ・スマート・ホーム・システム」のイメージ。来春からは、その実証実験がスタートする予定だ。
こちらはイラストによる「ホンダ・スマート・ホーム・システム」のイメージ。来春からは、その実証実験がスタートする予定だ。

■屋根の上にもホンダ

会見では、あわせて太陽電池(ソーラーパネル)事業への取り組みも紹介された。
これまた四輪・二輪とはややかけ離れたイメージの製品ではあるが、ホンダは1990年のソーラーカーレース参戦をきっかけに太陽電池の研究に着手。2006年に設立した専門の関連会社 ホンダソルテックを通じ、翌2007年からは「CIGS薄膜太陽電池」を使った住宅用太陽光発電システムの製造・販売を手がけている。
ライバルメーカーの扱う「シリコン太陽電池」よりも発電効率に優れ、パネルの配列方法やデザインについてもアドバンテージがあるというのが自慢である。

この太陽光パネルと上述のコージェネを組み合わせ、効率的な家庭内発電システム「ホンダ・スマート・ホーム・システム」を実現しよう、社会全体のCO2排出量を大幅に削減しようというのが、目下のホンダの青写真。商品としてのエコ住宅は、2012年春には実証実験をスタート、2015年には販売をスタートしたいとしている。
「いずれこの事業は四輪・二輪とならぶ“ホンダの柱”になる領域と考えています」。会場で説明にあたった、ホンダの山田琢二 汎用事業本部本部長の言葉である。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。