トヨタ、新体制で「日本のモノづくり」を強化

2011.07.13 自動車ニュース

トヨタグループ、新体制で「日本のモノづくり」を強化

トヨタ自動車は2011年7月13日、子会社であるトヨタ車体、関東自動車工業と株式交換による完全子会社化(2012年1月予定)について合意したと発表。同時に、2012年7月を目標に関東自動車、セントラル自動車、トヨタ自動車東北の統合に向け協議を開始することで合意したことを明らかにした。

■“オールトヨタ”で魅力ある商品を

会見で、トヨタ自動車の豊田章男社長は、「日本の製造業をとりまく環境は厳しい」としながら、日本でのモノづくりをどのように守っていくか? いかにして国際競争力を高めることができるか? ということを中心に検討した結果、今回の完全子会社化および3社統合に至ったと語った。

これまでトヨタグループの車両メーカーは、トヨタが開発したモデルの委託生産を行ってきたが、新しい体制下では、各社が得意とするモデルを企画・開発から生産まで一貫して担当することになる。これにより各社はモノづくりの専門性をさらに高め、顧客の要望にきめ細かく対応した商品開発を実現することが狙いだ。

アルファード」「ノア」などの生産を担当しているトヨタ車体は、今後はトヨタグループにおける「商用車・ミニバンの専門集団」として、世界の競合をリードする商品の開発・生産に取り組むことになるという。アジア・新興国での商用車需要増加にも対応し、この地域の要望に応じた商品開発も行う。さらに、従来日本市場向けだった福祉車両「ウェルキャブ」シリーズを、中国・米国などに輸出することも発表された。
そして「オーリス」「イスト」「ラクティス」などの生産を行ってきた関東自動車は、「コンパクトカーの専門集団」としてトヨタグループの一翼を担っていく。

豊田社長はトヨタ車体、関東自動車の完全子会社化について、「グループのリソースを最大限に活用し、すなわち、“オールトヨタ”で魅力ある商品を作っていく」と抱負を語った。経営のスピード化、コスト競争力を高めることも、もちろん狙いの一つである。

■“オールジャパン”で日本のモノづくりを強化

「カローラアクシオ」や、自動車部品などを生産するセントラル自動車、電子制御ブレーキやトルクコンバーターなどユニット部品を生産するトヨタ自動車東北は、いずれも宮城県に本社を構える。
神奈川県横須賀市の関東自動車と統合することで、トヨタは東北を、中部、九州に次ぐ「トヨタ第3の国内生産拠点」として、強化していく考えだ。

トヨタ本社のある中部は、これまで以上に「グローバルヘッドクオーター」としての位置づけを強化。九州は「レクサスなど高級ブランドのモノづくりを徹底的追求」するとされ、東北を加えた三極体制で、「日本全国にあるモノづくりの基盤、人材やネットワークなどを最大限活用し、『現場力』と『先進技術力』をベースに、“オールジャパン”で日本のモノづくりの競争力を強化する」と将来像が示された。

さらに豊田社長は、「未来に向けたイノベーションにチャレンジすることが、日本でのモノ作りを守り、強化していくことと確信している」とコメント。「新たな体制の下、トヨタグループが一丸となってこれを実践し、世界の顧客に喜んでもらえるよう努力していく」と結んだ。

(webCG 本諏訪)

 
トヨタグループ新体制で「日本のモノづくり」強化に

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。