クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1635mm/ホイールベース=2455mm/車重=820kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブ(52ps/7200rpm、6.1kgm/4000rpm)/価格=136万円(テスト車=同じ)

スバル・ステラカスタムR リミテッドS(FF/CVT)【ブリーフテスト】

スバル・ステラカスタムR リミテッドS(FF/CVT) 2011.07.12 試乗記 ……136万円
総合評価……★★★

ダイハツからのOEM車として生まれ変わった「スバル・ステラ」シリーズ。その中身にスバルらしさは感じられるのか? スポーティグレードに試乗し、確かめた。

スバルらしさとは?

2009年秋の「ディアスワゴン」、2010年春の「プレオ」と「ルクラ」、そして今回の「ステラ」のモデルチェンジにより、いよいよスバル自製の乗用軽自動車の歴史にピリオドが打たれた。いずれもダイハツからのOEM供給となり、残るオリジナルは商用の「サンバー」のみという状況だ。

スバルの軽といえば、記憶に残る個性的なクルマが少なくない。それだけに、この合理化を惜しむ声は多いらしく、旧型ステラの販売終了に際して“駆け込み”と思われる需要があった。2011年4月の軽乗用車の販売ランキングでは、いつもより好調な9位(2072台)に入っている。

一方で、「ダイハツ・ムーヴ」のOEMである新型は、スロースターターのようである。発売(5月24日)の翌月となる6月の販売台数は1941台(前年同月比101.8%)と、新車にしては控えめな数字にとどまっている。ちなみこの数字は、スバルが掲げる月販目標の2250台に達していない。

軽乗用車におけるスバルらしさとは何だろうか? これは深いテーマだ。当のスバルは、自分たちらしさを「スポーティであること」と述べており、この新型ステラではフロントのデザインをわずかながらに変更したり(テスト車の「ステラカスタム」では、グリルの形状が逆台形とされ、ムーヴより迫力が増した)、フロントスタビライザーを全車で標準にしたりすることで表現されている。マジメで、好感の持てるスバルらしいやり方だが、はたしてそれが消費者にとって“価値ある違い”として認識されるだろうか。

軽乗用車という制約だらけの枠組みの中で、しかもOEMという条件下で独自色を打ち出していくために、スバルは従来の形にとらわれない、新しい付加価値を模索していく時期に入ったのではないだろうか。スバルにはモノづくりの実力も、輝かしい歴史もある。たとえばアルファ・ロメオやシトロエンのように、スバルはもっとしたたかで、しぶとくなってもいいのではないか。いずれにせよ、賽(さい)は投げられたのだ。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
「スバル・ステラ/ステラカスタム」は、2006年6月にデビューした、スバルブランドの軽乗用車。2011年5月、5年ぶりにフルモデルチェンジが実施され、2代目へと生まれ変わった。とは言うものの、その中身は、ほぼ「ダイハツ・ムーヴ/ムーヴカスタム」。トヨタ自動車、ダイハツ工業との協力関係に基づいて、後者から提供されるOEM車だ。
標準タイプの「ステラ」と、エアロパーツやHIDヘッドランプを備えるスポーティグレード「ステラカスタム」、ふたつのモデルが用意される。
エンジンはどちらも同じで、52ps、6.1kgmを発生する自然吸気ユニットのみ。ターボエンジンが選べないのは、「ムーヴ」シリーズとの大きな違い。そのほかステラ独自の仕様・装備としては、ボディカラー(ファインブルー・マイカメタリック)や「ステラカスタム」のバンパー意匠などが挙げられる。

(グレード概要)
ステラカスタムは、標準グレードの「R」、装備を充実させた「R リミテッドS」、さらにアイドリングストップ機能を装備する「R リミテッド アイドリングストップ」の3グレードが用意される。テスト車には、革巻きステアリングホイール、サイドシルスポイラー、15インチアルミホイールが標準装備される。

「ステラカスタム」オリジナルデザインのフロントマスク。逆台形の大型エアインテークがスポーティさを強調する。
「ステラカスタム」オリジナルデザインのフロントマスク。逆台形の大型エアインテークがスポーティさを強調する。 拡大
「R リミテッドS」には、専用の15インチアルミホイールが装着される。
「R リミテッドS」には、専用の15インチアルミホイールが装着される。 拡大
関連キーワード

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
シンプルでクリーンな形状、視認性の高いセンターメーターと、ダッシュボードは万人に向けた“ストライクゾーンの広い”デザインである。小物入れがそこかしこに用意されていて、実用性も高そうだ。そういう意味では不満はない。しかし、これはスバル車なのだ。中央部の銀色のパネルを含めて、基本的に「ムーヴカスタム」と同じでは寂しい。ダッシュボードのような“見せ場”には、皆がスバルと聞いて期待する独自性が、何かひとつくらいは欲しいところである。

標準装備はムーヴカスタムより充実している。フロントシートベルトアジャスター、チルトステアリング、運転席シートリフターが全車で標準となる。また、家電で好評の「ナノイー」(微粒子イオン)放出機能が全車でオプション設定となる(ムーヴのノーマルタイプでは最上級グレードでしか選べない)。テスト車のボディカラー「ファインブルーマイカ」は、スバルだけのオリジナルである。

(前席)……★★★★
シフトセレクターが設置されるセンターパネルは数センチ程度、助手席側にオフセットされており、運転席側の膝まわりには十分な余裕がある。ルーフが高く、ボディサイドが切り立っているので、頭まわりも広々しており、開放感が高い。ステアリングのチルト機構は調整幅が広く、身長183cmの筆者でも適正はドライビングポジションがとれた。唯一、シフトセレクターの操作性だけはいまひとつしっくりこなかった。「D」「S」「B」の位置が相対的に低いのだ。これはムーヴでも不満に感じた点だ。

(後席)……★★★★
リアシートはリクラインが可能なだけでなく前後に24cmもスライドでき、最後端にすれば膝まわりにかなり広い余裕が生まれる。足を組むことすらできる。この広さを味わってしまうと、セダンに戻る気にはちょっとなれない。一方、シートの掛け心地については、座面も背もたれもフラットな形状なので、フィット感はイマイチである。カーブが連続するような道や、高速道路では体が揺さぶられて疲労感を覚えるかもしれない。

(荷室)……★★★★
後席(50:50可倒式)を倒せば、荷室のフロアは95cmまで広がる。前席の背もたれ裏まで使えば、さらに30cm程度長い長尺物でも積める。積載能力の高さもさることながら、アレンジの幅も広い。また、リアドアは右ヒンジで大きく開き、開口面積もかなり広いので、荷物の出し入れも楽そうである。

「ステラカスタム」は全車オーディオレス仕様。テスト車に装着されるカーナビはディーラーオプション(イクリプスSDナビ)となる。
「ステラカスタム」は全車オーディオレス仕様。テスト車に装着されるカーナビはディーラーオプション(イクリプスSDナビ)となる。 拡大

スバル・ステラカスタムR リミテッドS(FF/CVT)【ブリーフテスト】の画像 拡大

スバル・ステラカスタムR リミテッドS(FF/CVT)【ブリーフテスト】の画像 拡大
写真をクリックするとシートアレンジが見られます。
写真をクリックするとシートアレンジが見られます。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
660ccの自然吸気エンジンは元気が良く、タコメーターはなんと9000rpmまで振られている。しかし実際には、CVTはフルスロットルで約7000rpmでサチュレートするようになっており、その後6500rpmあたりで回転が安定すると、ワンテンポ遅れて加速が乗ってくる。その加速の乗りが、Dレンジだと予想以上に牧歌的だ。率直にいって、モッサリとした印象を受ける。
しかし、流れに身をまかせておとなしく走っているぶんには、一転して「これで十分」という印象に変わる。Dレンジ固定で40km/hなら1400rpm、50km/hなら1800rpmを示すに過ぎず、エンジン音も静か。さらにはメーター内の燃費計の数字もグングン伸びる。ストップ・アンド・ゴーがそれほど頻繁にない、おだやかに流れる一般道で最良の面を発揮するしつらえといえそうである。

CVTは燃費性能を重視しているためか、“キックダウン”のレスポンスも鈍くしつけられているようで、機敏な加速が期待できない。Sレンジにシフトすれば多少は印象が変わるので、せっかちなドライバーはSレンジを多用するようになるかもしれない。

(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
今回テストした「カスタム R リミテッドS」というモデルでは、タイヤが14インチから15インチへとインチアップされている。これにともない、スバルは開発段階ではスプリングとダンパーのレートをいろいろ試してみたそうだ。しかし、ノーマルのまま(=ダイハツ・ムーヴの14インチ仕様のまま)でもしなやかな乗り心地と優れた操縦安定性が得られたので、セッティングは特に変えていないという。

この言葉どおり、乗り心地とハンドリングのバランスはなかなか良い。足元はシャキッとしっかりしており、正確な操舵(そうだ)感覚がある一方で、不思議とスバルらしい、締まっていながら“当たり”がマイルドな乗り心地が実現されている。ということは、ムーヴカスタムを買って15インチタイヤに履き替えればこの味が出るのだろうか? ちょっと興味があるところだ。

(写真=荒川正幸)

【テストデータ】

報告者:竹下元太郎
テスト日:2011年6月21日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2011年
テスト車の走行距離:2439km
タイヤ:(前)165/55R16(後)同じ(いずれも、ダンロップ SP スポーツ300)
オプション装備:--
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1):高速道路(6):山岳路(3)
テスト距離:287.8km
使用燃料:21.51リッター
参考燃費:13.4km/リッター

あなたにおすすめの記事