日産、太陽光発電によるEV充電の実験を開始

2011.07.11 自動車ニュース

日産、太陽光発電によるEV用充電システムの実験を開始

日産自動車とフォーアールエナジーは2011年7月11日、神奈川県横浜市の日産グローバル本社において、「リーフ」のリチウムイオンバッテリーと太陽光発電を組み合わせた電気自動車(EV)用充電システムの実証実験を開始した。

■1年間でリーフ1800台分の充電が可能

日産グローバル本社のルーフに設置されたのは、テニスコートおよそ1.5面分の太陽電池。ソーラーフロンティア社の「CIS太陽電池」は最大出力40kWの発電能力を備え、ここで発電した電力は、本社ビル内のバッテリーに蓄えられたのち、敷地内にある7基の充電器でEVの充電に使われる。普通充電に加えて急速充電(3基)にも対応する。太陽電池により発電した電力で走れば、走行時だけでなく発電時も含めて二酸化炭素排出量はゼロとなる。

説明によれば、このシステムにより年間4万3800kWhの発電が可能だという。「リーフ」のバッテリー容量が24kWhだから、この電力量は約1800回分のフル充電に相当する。しかも、余剰電力は、本社ビルに供給されるというから、無駄がない。

■再生可能エネルギーを有効利用

興味深いのは、電力の貯蔵にリーフ用のリチウムイオンバッテリーが使われていること。蓄電装置内のラックにはリーフ4台分のバッテリー(96kWh)が収められている。

今回は新品バッテリーを利用したが、本来、同社のプランではEV用としての役目を終えた中古のバッテリーを二次利用することが計画されている。EV用のバッテリーは容量が大きいので蓄電や電力供給に適しているうえ、耐久性にも優れるため、仮に5年程度EV用に使用しても、新品の8割程度の容量を維持すると考えられる。クルマを廃車にした後も、バッテリーはまだ利用できる可能性が高いので、二次利用バッテリーの有効利用策のひとつとして、蓄電装置への応用が考えられているのだ。

そもそも、フォーアールエナジー社は、日産と住友商事が、車載用リチウムイオンバッテリーの二次利用について、その可能性を探るために設立した企業。車載用リチウムイオンバッテリーの再利用(リユース)に加えて、必要に応じてバッテリーモジュールを再構成して再製品化(リファブリケート)、再販売(リセール)、そして最終的にはリサイクルの「4R」をビジネスとしている。

昨今の電力供給不安や、太陽光発電や風力、水力といった再生エネルギーへの関心が高まるなかで、家庭用あるいは事業所向けの蓄電システムが注目を集めているが、これに欠かせないのが大容量のバッテリーだ。フォーアールエナジーは、EV用バッテリーを二次利用することで、競争力のある価格で製品を提供しようというのである。

同社はすでに家庭用の小型システム(12kWh)の開発を進めており、2011年12月にはモニター販売を開始し、2012年以降の本格販売を目指している。また、今回の実証実験をもとに、数百kWhの中型システムを開発し、商業施設や公共施設向けの中型蓄電システムの市場開拓を狙っている。

■リーフが"スマートハウス"の鍵に

一方、大容量バッテリーを積むリーフは、その新たな利用法について開発が進んでいる。リーフに積まれる24kWhのバッテリーは、一般家庭の日常使用量の約2日分にあたるほどの大容量。このリーフを家庭用の蓄電システムに組み込むことで、たとえば、太陽光発電の余剰電力や、供給に余裕がある夜間電力を車載バッテリーに蓄え、必要に応じて家庭に供給することで、停電時のバックアップに活用したり、電力需要のピークを抑えることが可能になる。

再生可能エネルギーの活用と電力の最適管理を目指す「スマートハウス」では、蓄電システムが不可欠となるが、日産はリーフを蓄電システムとして活用する研究成果を近々発表する予定だ。そうなると、リーフがスマートハウスにとって重要な役割を果たすことになり、日産としては、将来、スマートコミュニティ、そして、スマートグリッドに進化するうえでEVを重要な存在としたい考えだ。

(文=生方聡)

日産グローバル本社5階に設置されたソーラーパネル。面積は386平方メートル。
日産グローバル本社5階に設置されたソーラーパネル。面積は386平方メートル。
発電量は天候に左右されるものの、蓄電池に蓄えることで安定的な供給が可能になる。これまでに多い日では、1日に「リーフ」11台分を充電できる電力を発電したという。
発電量は天候に左右されるものの、蓄電池に蓄えることで安定的な供給が可能になる。これまでに多い日では、1日に「リーフ」11台分を充電できる電力を発電したという。
蓄電池には、「リーフ」のバッテリー(24kWh)を4つ使用。合計96kWhまで蓄えられる。発売が予定される家庭用等の据え置き型の蓄電池は、小型タイプでは12kWhを想定。これは一般的な家庭の1日分の使用電力量に相当する。
蓄電池には、「リーフ」のバッテリー(24kWh)を4つ使用。合計96kWhまで蓄えられる。発売が予定される家庭用等の据え置き型の蓄電池は、小型タイプでは12kWhを想定。これは一般的な家庭の1日分の使用電力量に相当する。
こちらの機器は、ソーラーパネル、蓄電池、EV充電器を統合制御する「グリッド管理装置」と呼ばれるもの。発電した電気を充電器に送電し、余剰分を構内の電力として有効活用する。
こちらの機器は、ソーラーパネル、蓄電池、EV充電器を統合制御する「グリッド管理装置」と呼ばれるもの。発電した電気を充電器に送電し、余剰分を構内の電力として有効活用する。
日産グローバル本社1Fに設置されている急速充電器。このほか駐車場内にある急速充電器ふたつを含む計7基の充電器があり、それらすべてが太陽光発電でまかなわれる。
日産グローバル本社1Fに設置されている急速充電器。このほか駐車場内にある急速充電器ふたつを含む計7基の充電器があり、それらすべてが太陽光発電でまかなわれる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

リーフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産リーフ G(FF)【試乗記】 2013.1.9 試乗記 日産リーフ G(FF)
    ……417万5850円

    発売から2年、電気自動車の代名詞となった「日産リーフ」がマイナーチェンジを受けた。新型の見どころは、航続距離の延長や利便性を向上させたところ。その仕上がり具合をチェックする。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 日産の新型電気自動車「リーフ」 2009.8.2 画像・写真 2009年8月2日に公開された、日産の新型電気自動車「リーフ」を写真で紹介する。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る