第9戦イギリスGP決勝結果【F1 2011 速報】

2011.07.10 自動車ニュース

【F1 2011 速報】第9戦イギリスGP、アロンソ今季初優勝

F1世界選手権第9戦イギリスGP決勝が、2011年7月10日、イギリスのシルバーストーン・サーキット(5.891km)を52周して行われた。

いよいよ発動された「ブローディフューザー禁止」をめぐりコース外で混乱した今回、このレギュレーション変更でもっとも恩恵を受けたとされるフェラーリが、レッドブル、マクラーレンを抑え優勝。フェルナンド・アロンソは、昨年10月の韓国GP以来となる今季初勝利をあげた。

2位は2番グリッドからスタートしたレッドブル・ルノーのセバスチャン・ベッテル。レース序盤からトップを快走するも、ピットストップの作業で手間取り首位の座をアロンソに奪われ、最後は寿命を迎えたタイヤに苦しんだが、何とか今年3度目の2位を死守した。

3位に終わったのはポールシッターのマーク・ウェバー。ファイナルラップまでチームメイトのベッテルを追い込んだが、最後に無線でポジションキープを言い渡され、表彰台の最後の一角におさまった。

レギュレーション変更の影響がマイナスに働いたとされるのがマクラーレン・メルセデス。レース終盤に燃料をセーブしなければならなかったルイス・ハミルトンは、最終周、フェラーリのフェリッペ・マッサと接触しながらの激しい争いを制し4位でフィニッシュ、ペースで上回るマッサは5位に甘んじた。

メルセデスのニコ・ロズベルグは、予選9位から上位より1回少ない2ストップ作戦で走り切り6位、ザウバー・フェラーリのルーキー、セルジオ・ペレスは自身最高位の7位でレースを終えた。
ルノーのニック・ハイドフェルドは予選16位から8位までポジションをあげ得点に成功、小林可夢偉との接触でペナルティを受けたメルセデスのミハエル・シューマッハーは9位でゴールした。そしてトロロッソ・フェラーリのハイメ・アルグエルスアリが10位に入り、最後の1点を手にした。

以下、11位エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)、12位ビタリー・ペトロフ(ルノー)、13位ルーベンス・バリケロ(ウィリアムズ・コスワース)、14位パストール・マルドナド(ウィリアムズ)、15位ポール・ディ・レスタ(フォースインディア)、16位ティモ・グロック(ヴァージン・コスワース)、17位ジェローム・ダンブロジオ(ヴァージン)、18位ビタントニオ・リウッツィ(HRTコスワース)、19位ダニエル・リカルド(HRT)が完走した。

9レースを終え6回優勝、3回2位のベッテルは200点を超える204点で首位のまま。チームメイトのウェバーが124点で3位から2位にあがり、アロンソは112点で5位から3位に躍進した。ハミルトンは109点で4位、同点でジェンソン・バトンが続く。

コンストラクターズチャンピオンシップは、1位レッドブルが328点、2位マクラーレン218点、3位フェラーリ164点と、トップ3が3桁得点で並ぶ。レッドブルの独走状態を崩すことは難しいが、復調フェラーリの追い上げ次第ではこの3強の序列がいつまで続くかわからない。4位メルセデス68点、5位ルノーは65点を獲得している。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。