第201回:あの「萌え」ない、航空機内のイラストを“KAIZEN”せよ!

2011.07.08 エッセイ

第201回:あの「萌え」ない、航空機内のイラストを“KAIZEN”せよ!

格安エアラインがもたらした影響

日本版の格安航空会社(以下、LCC)が、来年2012年に就航する見込みだ。それにあわせて、今回は飛行機の最新よもやま話をしよう。

ボクが住むヨーロッパ圏内では、アイルランドの「ライアンエア」やイギリスの「イージージェット」に代表されるLCCが、2000年前後から勢力を拡大してきた。
欧州のLCCは激しい低価格表示合戦を繰り広げたり、同じ都市名なのに実はコストの安い遠方の空港に発着したりして、たびたび日本の公正取引委員会にあたるEUの機関から注意を受けてきた。だが、人気は陰りをみせない。それどころかLCCの台頭は、既存の航空会社にも近年さまざまな影響を与えている。

たとえば発足当初からインターネットによる予約を基本としていたLCCにならって、既存エアラインもオンライン予約が進んだ。それにあわせて、混雑度による弾力的な料金設定も導入されるようになった。
サービス簡素化もLCCの影響だ。エコノミークラスに機内食用のトレー(お盆)はすでになく、ポリ袋に入った菓子パンや高張力鋼板のごとく薄いサンドイッチをポン!と渡されるのが当たり前になった。LCCの機内食は大半が有料なので「今どきタダで出るだけ、既存エアラインはありがたいでしょ」といったムードである。

いっぽうで、従来のサービス継続をあえて強調している既存航空会社もある。たとえばエールフランスは、「食事と新聞付きで××ユーロから」とうたっている。預け荷物は無料・カード手数料なしをアピールするエアラインもある。「なんだよ、それ? 当たり前だろ」という方のために説明しよう。

LCCは予約サイトで、基本的に「人+身のまわりの物1個」の運賃を表示しているところが多い。たとえばイタリアからパリまでの運賃が、円にして片道6000円の日があったとする。ただし預け手荷物(20kgまで)は別料金で、1600円かかる。ウェブ予約時に申し込まないで空港で申告したりすると、もっと料金をとられる仕組みだ。
さらに「クレジットカード手数料」の名目で1800円加算されるのだ。結局、合計9400円となる。

既存会社だと3万円近いから、安いといえば安いが、「オンライン予約なのにカード手数料はないでしょう」と泣きたくなる。また、冒頭のライアンエアの場合、荷物の重量制限は15kgだ。報道資料なんかいっぱいもらっちゃったりすると、すぐに超過してしまう。既存航空会社は、こうした“トリック”がないことを訴えて、お客を繋ぎ止めようとしているのである。

日本版LCCに話を戻せば、彼らがどのようなサービスを打ち出すのか知らない。しかし「安くてよい品」という、欧州ではめったに見当たらない、いわばユニクロカルチャーに慣れきった日本人乗客を満足させるハードルは、かなり高いと思う。

アイルランドを本拠とする格安航空会社(LCC)「ライアンエア」。
アイルランドを本拠とする格安航空会社(LCC)「ライアンエア」。
イギリスのLCC「イージージェット」。
イギリスのLCC「イージージェット」。
「ルフトハンザドイツ」の最新軽量設計エコノミー座席のバックレスト。もはやポケットはない。
「ルフトハンザドイツ」の最新軽量設計エコノミー座席のバックレスト。もはやポケットはない。
「イージージェット」の緊急時説明カード。珍しく「まとも」なイラスト。
「イージージェット」の緊急時説明カード。珍しく「まとも」なイラスト。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。