【スペック】508アリュール(写真手前):全長×全幅×全高=4790×1855×1455mm/ホイールベース=2815mm/車重=1520kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=374万円(テスト車=同じ)

プジョー508アリュール(FF/6AT)/508SWグリフ(FF/6AT)【試乗記】

スカッと、軽快 2011.07.07 試乗記 プジョー508アリュール(FF/6AT)/508SWグリフ(FF/6AT)
……374万円/443万円

プジョーのニューモデル「508」シリーズが、セダンとワゴンそろって上陸。その仕上がり具合や、いかに?

新たな名前で虎視眈々

「プジョー508」は、「407」の後継モデルである。407の前は「406」だった。プジョーは数字車名をモデルチェンジで継承しないからわかりにくいが、一連の中型プジョーのラインである。マニュアルで乗れた最後の中型プジョーセダン、「406スポーツ」はいま思い出してもホロリとするほどいいフランス車だったなあ。

2005年6月の国内発売から約5年間で販売された407は5000台。日本での商いは大きくないが、全世界では86万台を記録している。508はさらにステップアップをもくろむ戦略車種で、生産のホームベースはフランスのレンヌ工場だが、あらたに中国の武漢工場でもセダンをつくり始めた。
「シトロエンC5」と共通のプラットフォーム(車台)に構築されるボディは、セダンとSW(ワゴン)の2種類。ホイールベースは407より9cm延び、全長も大きくなって、SWでは4.8mを超えた。

最大のチェンジはエンジンの刷新で、いまや日本仕様プジョーの共通パワーユニットともいうべき1.6リッター4気筒ターボがこの中型プジョーにも搭載された。407時代は2.2リッター4気筒と3リッターV6の2本立てで、日本での販売比率は3リッターが6割近くを占めていたというから、時代にかなったエンジンのダウンサイジングを果たしたことになる。
試乗したのは、セダンの標準モデル「Allure(アリュール)」と、SWの上級モデル「Griffe(グリフ)」である。

エアインテークグリルのサイズは、従来モデルよりやや控えめ。その両側に置かれるランプは、ネコ科の動物の目をイメージしてデザインされている。
エアインテークグリルのサイズは、従来モデルよりやや控えめ。その両側に置かれるランプは、ネコ科の動物の目をイメージしてデザインされている。
エンジンは、1.6リッター直4ターボのみ。他多くのプジョー車にも積まれるパワーユニットである。
エンジンは、1.6リッター直4ターボのみ。他多くのプジョー車にも積まれるパワーユニットである。
ワゴン「SW」に備わるルーフレールは、ボディ一体型。空気抵抗の低減にも効果があるという。
【スペック】508SWグリフ:全長×全幅×全高=4815×1855×1505mm/ホイールベース=2815mm/車重=1560kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=437万円(テスト車=443万円/18インチアロイホイール=6万円)
ワゴン「SW」に備わるルーフレールは、ボディ一体型。空気抵抗の低減にも効果があるという。
	【スペック】508SWグリフ:全長×全幅×全高=4815×1855×1505mm/ホイールベース=2815mm/車重=1560kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=437万円(テスト車=443万円/18インチアロイホイール=6万円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

508の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る