【スペック】全長×全幅×全高=4785×1820×1490mm/ホイールベース=2710mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ(122ps/5000rpm、20.4kgm/1500-4000rpm)/価格=324万円(テスト車=371万2500円/RNS510=31万5000円/バイキセノンヘッドライト=15万7500円)

フォルクスワーゲン・パサートTSIコンフォートライン(FF/7AT)【試乗記】

優等生を極めれば 2011.07.06 試乗記 フォルクスワーゲン・パサートTSIコンフォートライン(FF/7AT)
……371万2500円

1.4リッターエンジンを搭載した、7代目「フォルクスワーゲン・パサート」に試乗。「まじめセダン」の走りはどうなのか?

コンサバ方面にあか抜ける

歴代「フォルクスワーゲン・パサート」に付いてまわるのが、「まじめ」「優等生」という言葉だ。で、優等生も大変だと思いながら7代目となった新型パサートを眺める。まじめな優等生は、頑張れば頑張るほど「面白みにかける」「つまらない」なんて言われるからかわいそうなのだ。
てなことを、自分も言ったり書いたりしてきたわけですが。

現在のフォルクスワーゲンのトレンドにのっとり、ラジエターグリルには横方向にラインが走る。ラジエターグリルは人間の顔における「口」にたとえられることが多いけれど、パサートの口は真一文字に閉じられている。折り目正しい好青年だ。
ただしサイドのキャラクターラインは従来型よりくっきり鮮やか、ヘッドランプの造形もすっきりして目元が涼やかになった。学級委員長は、まゆ毛のお手入れを覚えた。
オーソドックスな意匠でありながら見た目にも触った感じにも上等になったインテリアとあわせて、コンサバ方面にあか抜けた印象。特に今回試乗した「パサートTSIコンフォートライン」は内装にウッドパネルを用いないから、さらに印象が若々しい。

日本におけるパサートは「コンフォートライン」も上級版の「ハイライン」も1.4リッターの直列4気筒ターボエンジンに7段DSGを組み合わせる。このコンビは、ふたつの面でドライバーを喜ばせてくれる。
まず、アクセル操作に対するレスポンスがいいからファン・トゥ・ドライブだ。特にどこが改良されたというアナウンスはないけれどDSGの熟成は進んでいるようで、変速の素早さとスムーズさがさらに増したように感じる。

ステアリング操作などから、ドライバーの疲労や眠気を感知するドライバー疲労検知システム「Fatigue Detection System」を標準装備。休憩が必要だと判断すると、インジケーター表示と警告音で注意をうながす。
ステアリング操作などから、ドライバーの疲労や眠気を感知するドライバー疲労検知システム「Fatigue Detection System」を標準装備。休憩が必要だと判断すると、インジケーター表示と警告音で注意をうながす。

フォルクスワーゲン・パサートTSIコンフォートライン(FF/7AT)【試乗記】の画像

フォルクスワーゲン・パサートTSIコンフォートライン(FF/7AT)【試乗記】の画像
広大な荷室は歴代パサートから変わらぬ美点。ただ広いだけでなく、出っ張りがなかったり開口部が広かったりと、使い勝手のよさが光る。
クリックするとシートアレンジによる荷室の変化が見られます。
広大な荷室は歴代パサートから変わらぬ美点。ただ広いだけでなく、出っ張りがなかったり開口部が広かったりと、使い勝手のよさが光る。
クリックするとシートアレンジによる荷室の変化が見られます。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パサートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る