三菱、「i-MiEV」に廉価グレードを追加設定

2011.07.06 自動車ニュース
「三菱i-MiEV M」
三菱、「i-MiEV」を高性能版と廉価版の2グレードに

三菱、「i-MiEV」をマイナーチェンジ 廉価グレードを追加設定

三菱自動車は2011年7月6日、軽規格の電気自動車「i-MiEV」の性能アップを図るとともに、グレードをエントリーグレード「M」と上級グレード「G」の2つにすると発表した。前者は7月25日に、後者は8月中旬に発売となる。

航続距離(JC08モード)は、「G」が180km、「M」は120kmとなっている。
航続距離(JC08モード)は、「G」が180km、「M」は120kmとなっている。 拡大
「プレミアムインテリアパッケージ」(4万2000円)を装着した「G」のインテリア。
「プレミアムインテリアパッケージ」(4万2000円)を装着した「G」のインテリア。 拡大
「G」には、SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)タイプのカーナビ(MMES)が標準で備わる。
「G」には、SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)タイプのカーナビ(MMES)が標準で備わる。 拡大

■「M」は実質188万円

2009年7月のデビュー以来、日本国内の4000台に、海外への輸出やPSAプジョー・シトロエンへのOEM供給などを合わせると、すでに1万台以上が世に送り出された「i-MiEV」。デビューから2年が経過し、通常のモデルならマイナーチェンジを迎えるこのタイミングで三菱は、航続距離拡大を図る改良を行うとともに、これまで1グレードだったラインナップをエントリーグレードの「M」と上級グレードの「G」の2グレード構成に変更した。

価格は、従来のモデルが398万円だったのに対し、「M」が260万円、「G」が380万円に値下げされている。経済産業省が実施する「クリーンエネルギー自動車導入促進対策費補助金」の交付を受ければ、ユーザーの実質負担額は「M」が188万円(補助金72万円)、「G」が284万円(補助金96万円)となる。

エントリーグレードの「M」は、コストの多くを占めるリチウムイオンバッテリーの容量を減らす(16.0kWh→10.5kWh)ことで価格を下げた。これにともない航続距離は従来の160km(JC08モード)から120kmへと短くなったものの、「毎日の買い物や送迎など、軽乗用車の日常的な使用としては充分な性能を確保した」(プレスリリースより)という。搭載するモーターは永久磁石式同期型モーター「Y4F1」で従来と変わりはないが、最高出力は23ps控えめの41psになり、また最大トルクの18.4kgmは同一だが、その発生回転域は0-2000rpmから0-1000rpmへと狭くなっている。

一方の「G」は、バッテリー容量やモーターの性能に変更はないが、ブレーキペダルを踏みこむと回生ブレーキが強くなる「ブレーキ連動回生ブレーキ」の採用により、航続距離が約2割増しの180kmに拡大した。なお、ブレーキ連動回生ブレーキはエントリーグレードの「M」にも組み込まれている。また「G」では、LEDヘッドライト&テールランプ、15インチアルミホイール、本革巻ステアリングホイール/シフトレバー、さらにSSDタイプのナビゲーションシステムや前席シートヒーターが与えられるなど、装備の充実が図られた。

電気代が安くなる夜間電力充電のタイマー設定などを可能とする「MiEVリモートシステム」は、「G」にオプション装着可。価格は、4万2000円。
電気代が安くなる夜間電力充電のタイマー設定などを可能とする「MiEVリモートシステム」は、「G」にオプション装着可。価格は、4万2000円。 拡大
家電製品への100Wまでの電力供給を可能とする「ACパワーサプライEZ」(ディーラーオプション:1万5540円)も用意される。
家電製品への100Wまでの電力供給を可能とする「ACパワーサプライEZ」(ディーラーオプション:1万5540円)も用意される。 拡大

■家電への電力供給も可能に

さらに「G」専用のメーカーオプションとして、リモコンを使ってのタイマー充電や出発前のプレ空調、リモコンへのバッテリー残量表示ができる「MiEVリモートシステム」を設定。インテリアを上質に演出する新オプション「プレミアムインテリアパッケージ」とともに、2011年10月以降の生産車に装着が可能となる。

このほか、スタビリティコントロールの「ASC(アクティブスタビリティコントロール)」を全車に標準装着するとともに、AC100V/100Wの電源供給が可能な「ACパワーサプライEZ」をディーラーオプションとして設定。2011年度中には計1500Wまで対応する装置を商品化したい考えだ。

このように、低価格モデルの導入と性能の向上により魅力を高めた新i-MiEV。「M」は7月25日、「G」は8月中旬にそれぞれ発売される。

(文=生方聡)

関連キーワード:
i-MiEV三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • そこにはどんなメリットが!?
    「三菱i-MiEV」が軽自動車を“卒業”した理由
    2018.4.25 デイリーコラム 2018年4月の改良で、登録区分が軽自動車から小型自動車へと変更された「三菱i-MiEV」。ランニングコストなどを考慮すると、メリットはなさそうに思えるのだが……。その背景にはどんな事情がある?
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
  • ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2018.4.23 試乗記 日本導入から4年を経たルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」の実力を、大幅なマイナーチェンジを機にあらためて検証。商品力高めのイマドキなクロスオーバーに“ルノーらしさ”はあるか? ドライブフィールを中心に、その出来栄えを確かめた。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7MT)【レビュー】NEW 2018.5.22 試乗記 徹底した軽量化やパワートレインの変更などにより、強烈なドライビングプレジャーを追求したという「ポルシェ911カレラT」。母国ドイツの道でむちを当ててみると、一段と凝縮された“911のよさ”を味わうことができた。
  • BMW i8ロードスター(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.5.21 試乗記 次世代のモビリティーを提案するプラグインハイブリッド車であり、BMWのスポーツカーのなかでも最も高額なモデルである「BMW i8」。マイナーチェンジとともに追加されたオープントップの「ロードスター」に、風光明媚なスペイン・マヨルカ島で試乗した。
ホームへ戻る