マセラティ史上最速の新型クーペ、日本上陸

2011.07.06 自動車ニュース

マセラティ史上最速、「グラントゥーリズモMCストラダーレ」登場

マセラティジャパンは2011年7月4日、2シータークーペ「マセラティ・グラントゥーリズモMCストラダーレ」を発表した。

■マセラティ最軽量モデル

マセラティのモータースポーツ部門「マセラティ・コルセ(MC)」の名を冠する同車は、「マセラティ史上最速のクーペ」とうたわれるスポーツカー。レースモデルから得たノウハウをもとに開発されたという。

「グラントゥーリズモS」をベースに、専用のフロントスポイラーやサイドスカート、リアバンパーなど、エアロダイナミクス性能を最適化したというボディスタイリングが特徴だ。
インテリアは「ラグジュアリーかつエキサイティングな空間」(プレスリリース)が演出された。レザーとアルカンターラなど上質な素材が使われているものの、軽量化のために装備は簡素化。後部座席も取り払われ、2シーターとされている。
ボディ各所の軽量化をすすめ、「グラントゥーリズモS」に比べ100kgのダイエットに成功。マセラティのラインナップ中で最軽量の車両となる。前後重量配分は前48.5:後51.5。

搭載される4.7リッターV8エンジンは、「グラントゥーリズモS」より10psと2.0kgmアップの450ps/7000rpmと52.0kgm/4750rpmを発生。6段の2ペダルMTが組み合わされる。
アクセルレスポンスやシフトタイミングなどを変更するドライビングモードは、従来の「オート」「スポーツ」に、よりスポーティな設定となる「レース」が加わった。このモードでの変速時間はわずか0.06秒だ。
サスペンションは専用にチューニングされ、車高は10mm低められた。ダンパーの減衰力を高め、より太いロールバーを装着することで、走行安定性が強化されたという。

ブレンボ社製のブレーキシステムは、マセラティ初のカーボンセラミックブレーキで、こちらも軽量化に貢献している。さらに大径ディスクの採用や、前後ブレーキにそれぞれ冷却システムを内蔵するなど、ストッピングパワーとレスポンスの向上も図られた。

価格はグラントゥーリズモSより362万5000円高い、2112万5000円。ボディカラーは12色をラインナップする。デリバリー開始は2011年9月が予定されている。

(webCG 本諏訪)

「マセラティ・グラントゥーリズモMCストラダーレ」
「マセラティ・グラントゥーリズモMCストラダーレ」

マセラティ史上最速の新型クーペ、日本上陸の画像

マセラティ史上最速の新型クーペ、日本上陸の画像

マセラティ史上最速の新型クーペ、日本上陸の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

グラントゥーリズモの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ(FR/6AT)【試乗記】 2013.2.20 試乗記 マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ(FR/6AT)
    ……2090万3000円

    自然吸気の4.7リッターV8エンジンを搭載する4シーターイタリアンGT、「マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ」の6段ロボタイズドMTモデルに試乗した。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る