【スペック】全長×全幅×全高=3610×1690×1460mm/ホイールベース=2365mm/車重=1120kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(134ps/6750rpm、16.3kgm/4400rpm)/価格=245万円(テスト車=同じ)

ルノー・トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール(FF/5MT)【試乗記】

前向きなレトロ 2011.07.05 試乗記 ルノー・トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール(FF/5MT)
……245万円
「ルノー・トゥインゴ」にスポーティな新グレード「ゴルディーニ ルノースポール」が登場。早速その走りを試した。

“ゴルディーニモード”をまとったトゥインゴ

ボディ上を前後に走る2本のストライプ。遠目には単なる白いストライプだが、近づいてよく観察すると、ゴルディーニの「G」が規則的に散りばめられている。某ブランドのシグネチャー柄みたいで、けっこうオシャレである。それ以外にも、シフトノブやシートバックに記された「GORDINI」の文字が、いにしえの「R8ゴルディーニ」のリアエンドのロゴに似ていて、レトロでイイ感じだ。

「ルノー」に「ゴルディーニ」に「ルノースポール」と、このクルマはとても入り組んだ車名を持っている。これを整理するなら、「トゥインゴ」のルノースポールバージョンに、かつて存在したチューナー(メーカーというべきか?)のゴルディーニをほうふつとさせるコスメティックを施したモデルということになるだろうか。実際、トゥインゴのボディサイドに貼られたバッジには「ゴルディーニシリーズ」の文字がある。

アメデ・ゴルディーニが率いた真性ゴルディーニは、ロードカーなら1970年代後半の「ルノー17ゴルディーニ」、レーシングカーなら同じく70年代終わりの「アルピーヌA442B」のエンジン、あるいは同時期のF1エンジンまでで終了したというのが実際のところだろう。そういう意味では、今によみがえった「トゥインゴ ゴルディーニ」は、新生アバルトブランドのクルマたちに近いポジションといえるかもしれない。

ブラック&ブルーの本革シートは「GORDINI」のロゴ入り。
ブラック&ブルーの本革シートは「GORDINI」のロゴ入り。
ボディに施されるホワイトストライプには、うっすらと「G」の紋様が。
ボディに施されるホワイトストライプには、うっすらと「G」の紋様が。
鍵にも「GORDINI」。
鍵にも「GORDINI」。
ホワイトストライプをはじめ、フロントフォグランプまわりや、ドアミラーカバー、リアスポイラーが白くペイントされるのが「ゴルディーニ ルノースポール」の特徴。
ホワイトストライプをはじめ、フロントフォグランプまわりや、ドアミラーカバー、リアスポイラーが白くペイントされるのが「ゴルディーニ ルノースポール」の特徴。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トゥインゴR.S.の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
ホームへ戻る